三遊亭究斗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三遊亭 究斗さんゆうてい きゅうと
本名 雉鳥 功策(きじとり こうさく)
生年月日 (1963-02-06) 1963年2月6日(54歳)
出身地 日本の旗 日本香川県高松市
師匠 春風亭小朝
三遊亭圓丈
名跡 1. 春風亭えびー太(1997年 - 2002年)
2. 三遊亭亜郎(2002年 - 2014年)
3. 三遊亭究斗(2014年 - )
出囃子 ボレロ
活動期間 1997年 -
所属 落語協会
公式サイト 公式ウェブサイト

三遊亭 究斗(さんゆうてい きゅうと、本名:雉鳥 功策(きじとり こうさく)、1963年2月6日 - )は、香川県高松市出身の落語家落語協会所属。三遊亭圓丈一門弟子。劇団四季出身、日本で唯一のミュージカル落語家。株式会社OFFICE究斗代表取締役社長。

来歴・人物[ソースを編集]

1988年劇団四季に入団し、10年間在団した。国内外で多くのミュージカルストレートプレイに出演している。

1997年春風亭小朝に入門し、落語家に転身した。前座名は「春風亭えびー太」。2001年に三遊亭圓丈門下に移籍する。2002年に11月に二つ目に昇進し、「三遊亭亜郎」となる(移籍後も旧師小朝との関係は良好で、小朝主催の大銀座落語祭から招聘され、連続出演を続ける)。

2003年 - 2004年東宝ミュージカル「レ・ミゼラブル」オーディションでテナルディエ役を勝ち取り出演する。2005年から2008年までシアターテレビジョン「オペラch」にレギュラー司会として出演した。

2004年から、ミュージカル俳優の経験を生かしてミュージカルと落語の融合「ミュージカル落語」を自ら創作・挑戦している。ミュージカル落語は笑いあり涙ありとエンターテイメント性が高く、従来の落語ファン以外からも注目を集めている。他方、さだまさしの楽曲「償い」を題材としたミュージカル落語「つぐない」では、細かな心理描写や極めて道徳的な作品作りが高評価を得ている。

古典落語では「文七元結」などの人情噺を得意としている。

2013年以降、毎月の寄席の他、横浜関内ホールや、東京都新宿の「ミノトール2」や埼玉県「所沢市民文化センター ミューズ」などを中心にライブパフォーマンスを行っている。子供にもわかりやすく、質の高い芸術であるとして全国の小中学校の芸術鑑賞会などでの招待公演も多数行っている。

プロ野球では阪神タイガースのファンである。

2014年春に真打昇進し、「三遊亭究斗(きゅうと)」に改名。

エピソード[ソースを編集]

  • 2008年5月30日、TBS『NEWS23』にて「亜郎のミュージカル落語」特集でスタジオ生ライブを行った際、出演後に電話の問い合わせが殺到し、番組史上最多の問い合わせ件数を記録した。
  • 2011年1月11日配信のPodcast「林家たい平トーク落笑亭」において、劇団四季への入団前のバブル時代に仲間らと、知人の多い故郷の香川に戻り、マルチ商法に手を染めていたことを告白した。18日の配信では、「半年間やってみたがうまくいかなかった」と話している。
  • プロボクサーのライセンスを取得している。ただしプロのリング上での対戦経験はない。

主な出演作品[ソースを編集]

テレビ[ソースを編集]

ラジオ[ソースを編集]

映画[ソースを編集]

舞台[ソースを編集]

CM[ソースを編集]

インターネット[ソースを編集]

持ちネタ[ソースを編集]

ミュージカル落語[ソースを編集]

英語落語[ソースを編集]

  • 動物園 (The Zoo)
  • 反対俥 (The Rickshaw)

CD[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]