三瀬城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
三瀬城
佐賀県
城郭構造 山城
築城主 神代勝利
築城年 天正年間
主な城主 神代氏
廃城年 不明
位置 北緯33度27分40.7秒
東経130度17分05.8秒
地図
三瀬城の位置(佐賀県内)
三瀬城
三瀬城

三瀬城(みつせじょう)は佐賀県佐賀市三瀬村に存在した日本の城山城)。

概要[編集]

背振山地中央部にある標高560mの城山の山頂に位置する。佐賀平野を望み、山麓は博多唐津、佐賀に通ずる要衝地だった。

享禄年間に、有事に備えて三瀬宗利により築かれた。享禄年間神代勝利を迎えると、やがて勝利は背振山地一帯を統一した。勝利の死後、息子の神代長良龍造寺氏に降伏し、やがて鍋島氏の重臣となった。鍋島直茂は神代党の結束を避けるため慶長年間神代家良を芦刈に転封させ、神代氏は当城を離れた。

参考文献[編集]

関連項目[編集]