三浦層群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

三浦層群(みうらそうぐん)は、三浦半島から房総半島中・南部に分布する海成層である。

概要[編集]

第三紀中新世から鮮新世の海成層で、上総層群に不整合に覆われ、三浦半島では葉山層群を、房総半島では保田層群を覆う。

三浦半島では下位から、三崎層・逗子層・田越川層[1]・池子層に区分、房総半島では、大崩層・奥山層・中尾原層から成る下部層、木ノ根層・天津層・千畑礫岩層から成る中部層、清澄層・安野層から成る上部層に区分される。

三浦市海外町では、漣痕(波調層)やスランプ構造などの堆積構造が見られ、神奈川県の天然記念物に指定されている。

参考文献[編集]

  • 地学団体研究会 編 『新版 地学事典』平凡社、1996年。ISBN 4-582-11506-3

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ (仮)桜山トンネル整備工事 県道311号(鎌倉葉山) (PDF)”. 神奈川県横須賀土木事務所. 2012年10月31日閲覧。