三段壁洞窟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
左が三段壁基部、左下の大きな穴が三段壁洞窟、右が十像岩
洞窟開口部近く

三段壁洞窟(さんだんべきどうくつ)は、和歌山県西牟婁郡白浜町熊野枯木灘海岸県立自然公園内にある[1]景勝地・三段壁の地底36mに広がる海蝕洞で、源平合戦で知られる熊野水軍の舟隠し場の伝承が残る史跡でもある。

断崖上から辯天宗本堂内に設置されているエレベーターで地中を降りると、洞窟内部を観覧できる。200メートルに及ぶ洞窟の通路内には、史料に基づいて再現された番所小屋や弁財天瀬戸鉛山鉱山採掘場跡があり、波の打ち寄せる洞穴が鑑賞できる。また水面近くから聳える三段壁や十像岩を望むことができる。ただし、波の荒い日は危険なため閉鎖される。

所在地[編集]

  • 〒649-22 和歌山県西牟婁郡白浜町三段2927-52

周辺情報[編集]

交通アクセス[編集]

舞台となった作品[編集]

テレビドラマ

脚注[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯33度39分57.2秒 東経135度20分7.44秒 / 北緯33.665889度 東経135.3354000度 / 33.665889; 135.3354000