一斉授業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

一斉授業(いっせいじゅぎょう)は、小学校中学校では最もポピュラーな授業の形態。教師が一人で、大勢の児童生徒に対して授業をするというもの。一斉教授、一斉学習ともいう[1]。知識的教科ではポピュラーな授業形態。

概要[編集]

児童・生徒は全員、黒板を背にした教師の方を向いて授業を受ける。授業は概ね教師の描いたシナリオに基づいて行われる。教師は問答法的な問いかけで、児童・生徒の理解度を推し量るが、学級全体の児童・生徒に質問することは出来ず、教師からの一方的な情報発信になりがちという難点もある。

歴史[編集]

少数の授業者が多数の受講者に対して授業を実施する形式は、19世紀初頭にイギリスにおいて開発されたベル・ランカスター方式に始まるとされる[1]。この方式が近代教育の基本形態として広く採用された[1]

一斉指導の利点と問題[編集]

多少理解の度合いに差があるにせよ、一斉授業では児童・生徒の教育水準がほぼ均等化され、学力の差が生じる可能性が低い。よほど注意力が余所に向いていない限り、いわゆる落ちこぼれは発生しにくい。ただし、学級の平均よりもやや下の児童・生徒の理解度を基準とする必要があるため、授業内容はそれに準じた内容を選択する必要性が生じる。それ以下の子は取り残され、理解の早い子は足止めされて、しばしば「内容が簡単すぎる」「物足りない」という不満も出てくる。また個々の児童・生徒の興味、関心、個人差には応えにくく、教師からの詰め込み型、押し付けになりやすいという問題もある。

そうした欠点は、グループ学習(分団学習、小集団学習)や個別学習を平行して進めることで補う必要がある[2]。また、近年の日本においてはチームティーチングの試みも広がってきている[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 宮坂義彦 2011, p. 9.
  2. ^ 別府愛 2000, pp. 188-189.
  3. ^ 別府愛 2000, p. 187.

参考文献[編集]

  • 宮坂義彦「一斉授業」『新版 教育小事典 第3版』平原春好・寺崎昌男、学陽書房、2011年、9頁。ISBN 9784313610330
  • 別府愛「第8章 学習指導と生徒指導」『新・現代教育要論-教職教養の教育学-』巽幸孚・鈴木三平、日本文化科学社、2000年。ISBN 4821060809

関連項目[編集]