一宮城 (尾張国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一宮城の石碑

一宮城(いちのみやじょう)は、現在の愛知県一宮市にかつて存在した、戦国安土桃山時代日本の城平城)である。

歴史[編集]

築城時期は不明(天文弘治年間?)である。

尾張国一宮である真清田神社神主である関成重が、真清田神社、及びその領地を守るために築城する。関成重の子である関共成は、織田信長豊臣秀吉に仕えたが、1584年天正12年)の小牧・長久手の戦いにて戦死する。

その後、織田信雄の家臣である不破広綱が入城するが、1590年(天正18年)に彼が去ると一宮城は廃城される。

一宮城主の関氏清和源氏の子孫である。森可成の娘が関小十郎右衛門共成に嫁いだ事から、森氏との関わりが深い。後に関氏から森氏に養子へ出されたり、家督を継ぐ事があった。

規模[編集]

東西50m、南北90mの広さがあり、土塁で囲まれていた。

現在[編集]

三菱UFJ銀行一宮支店の玄関先に石碑がある。周辺は本町商店街になっており、城の形跡は全くない。近くにJR尾張一宮駅がある。

所在地[編集]

愛知県一宮市本町3丁目

関連項目[編集]