一乗滝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一乗滝
盛夏の一乗滝
位置 北緯35度58分43秒
東経136度18分27.3秒
所在地 福井県福井市
落差 12m
滝幅 2m
水系 九頭竜川水系一乗谷川
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示
一乗滝下流一乗谷川
一乗滝にある佐々木小次郎像

一乗滝(いちじょうだき)は、福井県福井市浄教寺にある足羽川の支流一乗谷川のである。[1]

伝承[編集]

伝承によると717年(養老元年)泰澄が滝の上流に滝水山浄教寺を開山し白山大権現を祀ったと伝えられている。

1776年(安永5年)に熊本藩の豊田景英が編纂した『二天記』では、佐々木小次郎の生まれは越前国宇坂庄浄教寺村(現福井県福井市浄教寺町)と記されており、秘剣「燕返し」はこの滝で身につけたとされている。

また、怪力で名の知れた力士「北国兵太夫」が鍛錬した滝とされている。

交通[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ふくいドットコム一乗滝

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]