ヴォルフ・レペニース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ヴォルフ・レペニース(Wolf Lepenies、1941年1月11日 - )は、ドイツの歴史社会学者。

東プロシア(現ポーランド)生まれ。ソ連軍の攻撃でコブレンツで育ち、ミュンスター大学で学ぶ。1983年アレクサンダー・フォン・フンボルト賞受賞。1986年以降ベルリン高等学術研究所所長。ベルリン自由大学社会学教授、名誉教授。18世紀ヨーロッパの自然学を専門とする。

日本語訳[編集]

共著編[編集]

  • 『人間学批判』ヘルムート・ノルテ共著 小竹澄栄訳 法政大学出版局 叢書・ウニベルシタス 1991
  • カール・フォン・リンネ『神罰』ラルス・グスタフソン共編 小川さくえ訳 法政大学出版局 叢書・ウニベルシタス 1995

脚注[編集]