ヴォルフ・ヤコブ・ラウフェンシュタイナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ヴォルフ・ヤコブ・ラウフェンシュタイナーWolff Jacob Lauffensteiner, 1676年頃 - 1754年)は、シュタイアー(現オーストリア)生まれのドイツリュート奏者、作曲家バイエルン選帝侯マクシミリアン2世の息子たちの音楽教師兼従者として仕えた。

作品[編集]

散逸し部分的にしか現存していない作品が多い。現在に伝わる100以上の作品(室内楽リュート独奏曲)は手稿譜の形でシレジア地方の修道院オーストリア等の図書館で保存されている。エルンスト・ゴットリープ・バロンの著書"Historisch-theoretische und practische Untersuchung des Instruments der Lauten"によると「優美な作曲を行った」とある。

参考文献[編集]

  • 佐藤豊彦ラウフェンシュタイナーのリュート音楽(CD 「カンタービレ様式の至芸」ラウフェンシュタイナーの音楽 佐藤豊彦 のブックレットより
  • Historisch-theoretische und practische Untersuchung des Instruments der Lauten, Nürnberg,1727(『リュート―神々の楽器―』菊池賞訳、水戸茂雄監修、東京コレギウム2001年、改訂版2009年) ISBN 9784924541900