ヴェンツェル・フォン・エスターライヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴェンツェル大公、アロンソ・サンチェス・コエリョ画、1577年

ヴェンツェル・フォン・エスターライヒErzherzog Wenzel von Österreich, 1561年3月9日 ウィーナー・ノイシュタット - 1578年9月22日 マドリード)は、神聖ローマ皇帝マクシミリアン2世と皇后マリア・デ・アウストリアの第11子、八男。1577年、母方の伯父のスペインフェリペ2世によって、カスティーリャ王国マルタ騎士修道会会長に任命されたが、翌1578年に17歳で死去した。遺骸はエル・エスコリアル修道院の王子廟(Panteón de Infantes)に葬られた。

参考文献[編集]