ヴェルタース オリジナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヴェルタース オリジナルを開けたところ。

ヴェルタース オリジナル (Werther's Original) は、ドイツストーク社日本では森永製菓)から発売されている菓子。同社は1903年に設立され、Werther's Echteの名で1969年からキャンディーを販売している。

バター生クリーム砂糖水あめとともに煮詰め、冷やし固めたタフィーと呼ばれる伝統的な製法の菓子で、ドイツのヴェルター村で作られたことからその名前がついたとされる。甘くてクリーミィで素朴な味わいが印象的。食塩が入っているため、甘さの中に少し塩味がする。なお、一部の国ではキャラメルも販売されている。

Werther's Originalの名称は、国際進出のために1990年代に採用されたもの。旧名 (Werther's Echte) のEchteはドイツ語で「本物の」を意味する。

CM[編集]

テレビCMは、白髪にひげを蓄えている老人(演者は不明)が登場し、孫を抱きかかえながら自身のヴェルタース オリジナルの思い出を語るというものである。日本語版のCMでは秋元羊介が老人の吹き替えを担当している。日本語版の老人役はアメリカ合衆国の俳優のロバート・ロックウェルが演じていたと思われていたが、本国の回答ではロックウェルではないと回答しており、現時点では老人の演者は特定できないとも回答している。また、ロックウェル自体は他国のヴェルタース オリジナルのCMに出演していた。

2003年頃から放送が開始されたが、何年か放送された後しばらく放送されない時期が続いた。2010年10月に放送が再開された際は、30秒版のCMと15秒版のCMを放送。老人の吹き替えは変わらず秋元洋介だが、声は以前のCMと違い再収録したものになっている(30秒版の台詞の変更はないが15秒版の台詞は30秒版の台詞と異なる)。

テレビCMは森永製菓ホームページでも閲覧することができたが、現在は新しいCMに差し替えられた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]