ヴェルサイユ・サン・カンタン・アン・イヴリーヌ大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヴェルサイユ・サンカンタン・アン・イヴリーヌ大学
Logo 250 UVSQ.JPG
大学設置 2002年
創立 1991年
学校種別 公立
本部所在地 フランスイル=ド=フランス地域圏サン・カンタン・アン・イヴリーヌヴェルサイユ
キャンパス ヴェルサイユ、サン=カンタン=アン=イヴリーヌ、マント=アン=イヴリーヌ、ヴェリジー=ヴィラクブレーランブイエル・シェネマント=ラ=ジョリーマント=ラ=ヴィルの8校舎を持つ
学部 各大学を参照
研究科 各大学を参照
ウェブサイト ヴェルサイユ・サンカンタン・アン・イヴリーヌ大学公式サイト
テンプレートを表示

ヴェルサイユ・サンカンタン・アン・イヴリーヌ大学英語: Versailles Saint-Quentin-en-Yvelines University、仏称:Université de Versailles Saint-Quentin-en-Yvelines)は、フランスイル=ド=フランス地域圏サン・カンタン・アン・イヴリーヌヴェルサイユに本部を置くフランス公立大学である。2002年に設置された。

フランスの2000年大学プロジェクトといわれる新4大学設立構想の一校である。8校舎を持ち、19,000人の学生と、752人のスタッフ、389人の教師研究者を収容し、毎年非常勤講師 285人を招待する[1]

精密科学社会科学政治学工学テクノロジー医学の科目を開設しており、経済学倫理学自然環境持続可能な開発の授業コースも提供している。

沿革[編集]

増え続ける学生数に対応するため、パリの大学は国民教育省の政令を先読みし、教育機関の一部を郊外に移すことにした。このような背景から1987年に科学に特化したピエール・エ・マリー・キュリー大学(パリ第六大学)の分校がベルサイユに作られた。この二年前には同じイブリーヌ県にあるサン・カンタン・アン・イブリーヌにナンテール大学(パリ十大学)法学部キャンパスが作られている。

同じ時期に高等教育省は、フランスの高等教育の近代化を代表する「2000年大学プロジェクト」の一環として「ユニベルシテ・ヌーベル」(新大学設立)を計画していた。その新大学の一校として、パリ第六とパリ第十の2つのキャンパスを合併し、1991年7月22日に正式にサン・カンタン・アン・イブリーヌ大学が設立された。

構成[編集]

教職員[編集]

出身者[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Les chiffres clés

外部リンク[編集]