ヴィーナス (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヴィーナス
Venus
監督 ロジャー・ミッシェル
脚本 ハニフ・クレイシ
製作 ケヴィン・ローダー
製作総指揮 テッサ・ロス
出演者 ピーター・オトゥール
レスリー・フィリップス
ヴァネッサ・レッドグレイヴ
音楽 デヴィッド・アーノルド
コリーヌ・ベイリー・レイ
撮影 ハリス・ザンバーラウコス
編集 ニック・ガスター
配給 イギリスの旗 ブエナビスタ インターナショナル
日本の旗 ヘキサゴン・ピクチャーズ/シナジー
公開 イギリスの旗 2007年1月26日
日本の旗 2007年10月27日
上映時間 95分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
興行収入 $7,261,490[1]
テンプレートを表示

ヴィーナス』(Venus)は、2006年公開のイギリス映画。ピーター・オトゥールは出演当時73歳だった。

ストーリー[編集]

70代の俳優のモーリスは旧友のイアンと会い、彼の姪の娘ジェシーが彼のアパートにやって来ることを知る。モデルの道を目指すというジェシーと出会ったモーリスは彼女を様々な場所へ連れ出す。ロイヤル・コート劇場ではファンがいてモーリスの知名度に驚く。面白くないというので幕間に劇場を出てパブに行き、モーリスはパブでバカルディのおいしさを知る。モーリスは、ジェシーと会うことで自らの心が変化していくことに気付く。ロンドン・ナショナル・ギャラリーディエゴ・ベラスケスの「鏡のヴィーナス」を見せ、コックニー丸出しの田舎娘を「私のヴィーナス」と呼び始め、触らせてくれと嘆願する。時折訪れる元妻から「あなたは人生の最後の最後までヴィーナスに狂って破滅する」となじられる。ある日、連れて行ったオックスフォード通りの店でジェシーが好きなドレスを見つけ、モーリスは持ち合わせがなくて恥をかかせたと激怒したジェシーは店から駈け出し、二度とモーリスに会いたくないという。

前立腺の手術を受けたモーリスの見舞いに来たイアンはジェシーを故郷に返すと話す。モーリスはジェシーに会うために強引に退院。しかし、ジェシーは留まることに。2人がモーリスのアパートにいると突然、ジェシーがお風呂に入りたいと言う。モーリスはバスルームの外に座り、ドア越しに話を始める。ジェシーは妊娠して男に冷たくされて中絶となったことを話す。モーリスは彼女を夕食に誘い、2人は翌日の午後会う約束をするが、見事にすっぽかされる。次に会った時、ジェシーはタトゥをいれたいというので、連れて行くが新しい男に合わせたタトゥだった。イアンとはジェシーをめぐって激しく喧嘩。ジェシーが家にやってくるが、散歩の間に男と寝ていた。男を殴ろうとして逆にケガをする。病院のベッドがいっぱいで家でジェシーが看病することになり、二人で海に行った時に、モーリスがこと切れる。

葬儀にはたくさんの人が集まり、交遊の深さを知る。ジェシーはそのままモーリスの家に残り、裸体画のモデルをする。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Venus” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2011年11月14日閲覧。

外部リンク[編集]