ヴィンソン案

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ヴィンソン案(ヴィンソンあん)は、アメリカ海軍の建艦計画。建造予算成立を推進したアメリカ合衆国下院議員のカール・ヴィンソンの名前からこう呼ばれる。三度にわたり提出され、アメリカ海軍の軍備拡張に大いに貢献した。

第一次ヴィンソン案[編集]

軍縮条約下での建艦計画。1934年のヴィンソン・トランメル法によって予算成立。条約に規定された保有量を満たすための計画。

第一次ヴィンソン案で計画された艦

第二次ヴィンソン案[編集]

事実上の無条約期になってから最初の計画。1938年の海軍拡張法によって予算成立。海軍力25%増強を図る。

第二次ヴィンソン案で計画された艦

第三次ヴィンソン案[編集]

大日本帝国海軍マル4計画に対応して策定。1940年の海軍拡張法によって海軍力25%増強を図るが、査定により11%増強にて成立。同年、ナチスドイツのパリ占領を受けて成立したスターク案(同70%増強)と合わせて二大洋海軍の実現に貢献。

第三次ヴィンソン案で計画された艦

関連項目[編集]