ヴィルヘルム・ゲナツィーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ヴィルヘルム・ゲナツィーノ(Wilhelm Genazino, 1943年1月22日 - )は、ドイツの作家。

マンハイムに生まれる。アビトゥーアに合格後、『ライン=ネッカー新聞』(Rhein-Neckar-Zeitung) での見習いを経て、フランクフルト大学に入学しドイツ学社会学哲学を学んだ。1965年『ラスリーン通り』(Laslinstrasse) で小説家としてデビュー。しかしその後10年間作品を発表せず、大学卒業後はジャーナリスト、編集者、ラジオドラマの脚本家などとして働いていた。1971年までは風刺誌『パルドン』(pardon) の編集者、その後1980年から1986年まで『レーゼツァイヒェン』(Lesezeichen) 誌の共同発行人であった。

1970年代初頭から作家として独立するようになり、1977年から1979年にかけて、孤独な生活を送るサラリーマンの内面を描いた小説『アプシャッフェル』(Abschaffel) 三部作を発表。

長い間少数の読者にしか知られていない作家だったが、2001年の『そんな日の雨傘に』(Ein Regenschirm für diesen Tag) がテレビ番組で絶賛されたのをきっかけに一躍有名になった。ドイツ文学で最も権威のあるゲオルク・ビューヒナー賞(2004年)をはじめ、フォンターネ賞(2003年)、クライスト賞(2007年)など数々の賞を受賞している。

フランクフルト・アム・マイン在住。

作品[編集]

  • Laslinstrasse (1965)
  • Abschaffel-Trilogie:
    • Abschaffel (1977)
    • Die Vernichtung der Sorgen (1978)
    • Falsche Jahre (1979)
  • Die Ausschweifung (1981)
  • Fremde Kämpfe (1984)
  • Der Fleck, die Jacke, die Zimmer, der Schmerz (1989)
  • Die Liebe zur Einfalt (1990)
  • Leise singende Frauen (1992)
  • Die Obdachlosigkeit der Fische (1994)
  • Das Licht brennt ein Loch in den Tag (1996)
  • Die Kassiererinnen (1998)
  • Ein Regenschirm für diesen Tag (2001)
  • Eine Frau, eine Wohnung, ein Roman (2003)
  • Die Liebesblödigkeit (2005)
  • Mittelmäßiges Heimweh (2007)
  • Das Glück in glücksfernen Zeiten (2009)

参考文献[編集]

  • ヴィルヘルム・ゲナツィーノ 『そんな日の雨傘に』 鈴木仁子訳、白水社、2010年