ヴィブラスラップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
全体の形
箱の中

ヴィブラスラップ英語: Vibraslap)は、体鳴楽器に分類される打楽器で、キハーダの代用として用いられる。LP社(Latin Percussion / ラテンパーカッション)が開発し、特許を取得していた。また、LP社の登録商標 (Vibra-Slap®) であり、一般名称ではない(競合のマイネル社は同種の楽器を「ロアー」』(The Roar) と呼んでいる)。

概要[編集]

二重L字形に折り曲げられた太い針金の一方に木製の箱が付いていて、他方におもりが付いている。箱の中には鉄の小片が入っていて、箱が揺れるとこの小片が箱に当たり音を出す。演奏にあたってはL字形の底部を片手で持ち、おもりを手で叩くか、膝などにおもりを打ち付ける。「カーッ!」という乾いた甲高い揺れる音が鳴る。

日本では1970年代から1980年代前半にかけて渡辺宙明山本正之らによって作曲されたアニメソングに多用されていたほか、近年ではバラエティ番組の効果音として使用されることも多い。

なお、「与作」で用いられているのはヴィブラスラップではなく、キハーダである。

井戸田潤がハンバーグ師匠として使用している楽器である。



これらの音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

Latin Percussion社以外の呼称[編集]

Latin Percussion社以外の呼称
会社名 商品名
マイネル ロアー(The Roar)
ソナー (楽器メーカー) キハーダ(quijada)

関連項目[編集]