ヴァイオリン協奏曲第1番 (ヴィエニャフスキ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヘンリク・ヴィエニャフスキの《ヴァイオリン協奏曲 第1番 嬰ヘ短調》は、1853年10月27日ライプツィヒで初演された。総譜はプロイセン国王フリードリヒ・ヴィルヘルム4世に献呈されている。

内容[編集]

以下の3楽章から成る。

  1. アレグロ・モデラート Allegro moderato
  2. 「祈り」ラルゲット Preghiera: Larghetto
  3. 「ロンド」アレグロ・ジョコーゾ Rondo: Allegro giocoso

第1楽章[編集]

対照的な2主題からなっている。付点リズムの第1主題は、始めのうちはためらいがちであり、チェロに始まるロ長調の第2主題は、音域の広さと情感の豊かさが特徴的である。ヴァイオリン独奏の驚異的な超絶技巧は、これらの主題に装飾音を施してゆき、カデンツァにおいては重音奏法やハーモニクスを駆使している。

第2楽章「祈り」[編集]

は、イ長調による短い抒情的な間奏曲である。木管楽器ホルンが主役を張っている。そのまま直ぐにロンドへとつながってゆく。

第3楽章「ロンド」[編集]

終楽章は溌剌とした軽快な楽曲で、対比的なロ長調のエピソードがある。技術的な要求が高いが、第1楽章の華々しい燃焼力には欠けている(おそらく第1楽章より若い頃に作曲されたのだろう)。

評価[編集]

本作は、第2楽章と第3楽章が弱いために、演奏会で演奏されることは滅多にない。この作品については、濃密で技術的要求の高い第1楽章と、透明だが柔弱な後続楽章との間でつり合いが取れていないとする意見が多い。