ワット・ゴーズ・アラウンド.../... カムズ・アラウンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ワット・ゴーズ・アラウンド.../... カムズ・アラウンド
ジャスティン・ティンバーレイクシングル
収録アルバム フューチャー・セックス/ラヴ・サウンド
リリース 2007年1月8日
規格 シングルデジタル・ダウンロード
録音 2006年
ジャンル ポップR&B
時間 7分28秒 (アルバム・ヴァージョン)
5分13秒(ラジオ・エディット)
レーベル ジャイヴ
作詞・作曲 Tim "Timbaland" Mosley, Nate "Danja" Hills, ジャスティン・ティンバーレイク
プロデュース ティンバランド、デンジャー、ジャスティン・ティンバーレイク
ゴールド等認定

ダブル・プラチナ(ARIA)
プラチナ(RIAA)
Gold (RIANZ)

ジャスティン・ティンバーレイク シングル 年表
マイ・ラヴ
(2007年)
ワット・ゴーズ・アラウンド.../... カムズ・アラウンド
(2007年)
ギヴ・イット・トゥ・ミー
(2007年)
テンプレートを表示

ワット・ゴーズ・アラウンド.../... カムズ・アラウンド」(What Goes Around...Comes Around)は、アメリカ合衆国の歌手ジャスティン・ティンバーレイクの2作目のソロ・スタジオ・アルバム『フューチャー・セックス/ラヴ・サウンズ』からの楽曲。楽曲は、ジャスティンとティンバランドデンジャーの2人のコラボレーターとのあいだで、ティンバランドのスタジオ所在地バージニアビーチにてだらだらと時間を浪費するなかで生まれた。彼らは楽曲のプロデュースも行っている。この楽曲は自身の楽曲「クライ・ミー・ア・リヴァー」との関連性が指摘されており、ティンバーレイクは歌詞の内容のネタについて明らかにしたものの、世間の多くは歌詞についてティンバーレイクの説明とは異なる解釈を行った。

この楽曲はアルバムからのサード・シングルとして2007年初頭にリリースされた。この曲はティンバーレイクにとって、3曲目そして3作連続でのBillboard Hot 100のナンバーワン・シングルとなった。世界各国のチャートでも、アメリカ国内でのヒットに比例して同様にヒットを記録した。またこの楽曲のミュージック・ビデオは、ショート・フィルム風の長い分数のビデオとなっている。更に「ワット・ゴーズ・アラウンド.../... カムズ・アラウンド」はRIAAよりマルチ・プラチナに認定された。

多くの批評家からこの楽曲は肯定的な評価を得ている。第50回グラミー賞では、最優秀レコード賞でノミネート[1]され、最優秀男性ポップ・ヴォーカル賞部門では受賞を果たしている[2]

脚注[編集]

先代:
ネリー・ファータドセイ・イット・ライト
アメリカ合衆国 Billboard Hot 100 第1位
2007年3月3日付
次代:
ミムズディス・イズ・ワイ・アイム・ホット
アメリカ合衆国 Billboard Pop 100 第1位
2007年3月3日–2007年3月24日付
次代:
ファーギー featuring リュダクリスグラマラス