ローラン・カセグレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ローラン・カセグレン
Laurent Cassegrain
生誕 1629年
シャルトル
死没 1693年9月1日
ウール・エ・ロワール県、ショドン
居住 フランスの旗 フランス
研究分野 天文学光学: 望遠鏡
主な業績 カセグレン式反射望遠鏡の発明
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

ローラン・カセグレン: Laurent Cassegrain , 1629年 - 1693年9月1日)は、フランスカトリック教会司祭天文学者カセグレン式望遠鏡の考案者として最も有力な人物である。

生涯[編集]

ローラン・カセグレンは、1629年に、マチュラン・カセグレンとジュアンヌ・マルケの息子としてシャルトルで生まれた。彼がどのような教育を受けたかについては明らかでないが、1654年には司祭と教授であった。彼は、音響光学力学に関心を持っていたと考えられている。ショドンのリセ、コレージュ・ド・シャルトルで科学を教える教師として働いていた1693年9月1日に他界した[1]

カセグレン式望遠鏡の発明[編集]

カセグレン式望遠鏡

カセグレン式望遠鏡は、凹面鏡の主鏡の中心に穴を開け、そこから主鏡の焦点に設置した凸面の副鏡で反射した光を外部に導く形式の望遠鏡である。

カセグレン式望遠鏡は、1672年4月25日にジャン=バティスト・デニが出版した科学誌 Recueil des memoires et conferences concernant les arts et les sciences の第8版に、その最初の記述が見られる。カセグレンが発明した「メガホン式反射望遠鏡」についての記述が、シャルトルの科学アカデミーの代表として働いていた M. de Berce という人物からの手紙の抜粋においてこの版の中に発見されている。

これは、アイザック・ニュートンニュートン式望遠鏡の製作法が出版されたちょうどその頃のことである。1672年6月13日には、クリスティアン・ホイヘンスがカセグレン式望遠鏡について厳しく批評している。このような論争が続くうちに、カセグレンのファーストネームは忘れられてしまった。

1997年に、二人のフランス人天文学者、Andre Baranne と Francois Launay は、未発表の原稿の検索や、カセグレンが住んでいたシャルトル及びショドンの教区記録簿の分析を含む長く細心の調査の後、「ローラン・カセグレンが最も可能性が高い候補である」と識別した[2]

月面クレーター「カセグレン」は、彼が何者なのか明らかではなかった頃に命名されたものの、彼の業績を記念して命名されたものである。

外部リンク[編集]

出典[編集]

  1. ^ Chaudon web page on Laurent Cassegrain”. 2014年1月30日閲覧。
  2. ^ Fred Watson (2006). Stargazer: The Life and Times of the Telescope. Perseus Books Group. p. 131. ISBN 9780306814839