ロベルト・フィッシャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ロベルト・フィッシャー(Robert Vischer、1847年2月22日 - 1933年5月25日)は、ドイツ哲学者美学者テュービンゲン出身。父は哲学者のフリードリヒ・テオドール・フィッシャー。ゲッティンゲン大学教授となる。感情移入(Einfühlung)の理論を築き、テオドール・リップスに影響を与えた。

著書[編集]

  • Über das optische Formgefühl 1872
  • Luca Signorelli und die italienische Renaissance 1879
  • Kunstgeschichte und Humanismus , 1880
  • Neues über Bernhard Strigel, in: Jahrbuch der Kgl. Preußischen Kunstsammlung, 1885
  • Studien zur Kunstgeschichte, 1886
  • Peter Paul Rubens - Ein Büchlein für unzünftige Kunstfreunde, 1904
  • Drei Schriften zum ästhetischen Formproblem, 1927

英語

  • Empathy, Form, and Space - Problems in German Aesthetics 1873-1893, H. F. Mallgrave, E. Ikonomou, R. Vischer, K. Fiedler, H. Wölfflin : Oxford University Press; 1994