テオドール・リップス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

テオドール・リップス(Theodor Lipps、1851年7月28日 - 1914年10月17日)は、ドイツ哲学者心理学者ラインラント=プファルツ州ヴァルハルベン出身。

人物・生涯[編集]

ロベルト・フィッシャー(Robert Vischer)の感情移入Einfühlung)概念を受容し、また晩年にはフッサール現象学も受容したが、フッサールやハイデッガーからは心理主義の態度を批判された。マックス・フリードリヒ・マイアー英語版(Max Friedrich Meyer)とメロディについてのリップス・マイヤーの法則を作ったことでも知られる。

ジークムント・フロイトに影響を与え、無意識概念の形成に寄与した[1]

著書[編集]

  • Grundtatsachen des Seelenlebens. 1883.
  • Grundzüge der Logik. 1893.
  • Raumästhetik und geometrisch-optische Täuschungen. 1897.
  • Komik und Humor. 1898.
  • Die ethischen Grundfragen: Zehn Vorträge. 1899.
藤井健治郎訳『倫理学の根本問題』同文社、1921年(大正10年)。
島田四郎訳『倫理学の根本問題』玉川大学出版部、1973年(昭和48年)。
  • Vom Fühlen, Wollen und Denken. 1902.
  • Leitfaden der Psychologie. 1903.
  • Ästhetik. 1903–1906.
  • Philosophie und Wirklichkeit. 1908.
  • Schriften zur Psychologie und Erkenntnistheorie; 4 Bände: Faustino Fabbianello編(Universität Parma). 2013.
大脇義一訳『心理学原論』岩波文庫、1950年。

脚注[編集]

  1. ^ Pigman, G.W. Freud and the history of empathy, The International journal of psycho-analysis, 1995 Apr;76 (Pt 2):237-56.

外部リンク[編集]