ロバート・J・ゴードン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロバート・ゴードン
ニューケインジアン経済学
生誕 1940年9月3日(73歳)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ
研究機関 ノースウェスタン大学
研究分野 マクロ経済学
社会経済学
母校 ハーバード大学(BA)
オクスフォード大学(AB, AM)
MIT(PhD)
実績 コアインフレーション
生産性
成長理論
情報 - IDEAS/RePEc
テンプレートを表示

ロバート・ゴードン(Robert James Gordon、1940年9月3日-)は、アメリカ経済学者

ノースウェスタン大学教授(Stanley G. Harris Professor of Social Sciences)。専門はマクロ経済学社会経済学。弟にラディカル派の経済学者デビッド・ゴードンがいる。本人はニューケインジアンに属している。

略歴[編集]

家族[編集]

業績[編集]

主要著作[編集]

日本語訳[編集]

  • 『現代マクロエコノミックス』(上)、永井進訳、多賀出版、1982年(1991年、第6版1997年)
  • 『現代マクロエコノミックス』(下)、永井進訳、多賀出版、1983年(1991年、第6版1999年)

原書[編集]

  • Macroeconomics, Addison Wesley, 2002 ISBN 0-201-77036-9
  • The Measurement of Durable Goods Prices, University Of Chicago Press, 1990 ISBN 0-226-30455-8
  • "The Demand for and Supply of Inflation." Journal of Law and Economics 18 (Dec. 1975): 807-836
  • "Recent Developments in the Theory of Inflation and Unemployment." Journal of Monetary Economics 2 (April 1976): 195-219
  • Milton Friedman's Monetary Framework: A Debate With His Critics. Chicago: University of Chicago Press, 1977
  • Macroeconomics:Theory and Policy, McGraw-Hill, 2nd.ed., 1988

関連事項[編集]