ロバート・マルドゥーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Muldoon 26 June 1969.jpg

ロバート・デービッド・マルドゥーンSir Robert David Rob Muldoon, 1921年9月25日 - 1992年8月5日)は、ニュージーランド政治家、第31代ニュージーランド首相(在任期間: 1975年 - 1984年)。ニュージーランド国民党党首(1975年 - 1984年)。

経歴[編集]

若年[編集]

マルドゥーンは中産階級の両親の元、オークランドで生まれた。彼の成長過程に強く影響をおよぼしたのは、極めて知的かつ強固な意志をもつ母方の祖母で、献身的な社会主義者でもあったジェルーシャ (Jerusha) だった。マルドゥーンは彼女の信条を決して受け入れなかったが、彼女の影響で強力な野心、政治に対する関心、そしてニュージーランドの社会福祉制度に対する不変の敬意を発展させた。

また、彼が十代の時に父親が精神疾患とされ精神病院に送られるのを見て屈辱を受けた。 後年、マルドゥーンは、第一次世界大戦に参加した彼の父が梅毒にかかっていた事を発見した。

外部リンク[編集]

先代:
ビル・ローリング
ニュージーランドの首相
1975年12月12日 - 1984年7月26日
次代:
デビッド・ロンギ
先代:
ジャック・マーシャル
ニュージーランド国民党党首
1974年7月4日 - 1984年11月29日
次代:
ジム・マックレイ