ロナン・パラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ロナン・パラン(Ronen P. Palan、1957年 - )は、イギリスの政治学者。専門は国際政治経済学

ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで博士号取得。ニューカッスル大学講師、サセックス大学講師・教授、バーミンガム大学教授を経て、2012年9月からシティ大学ロンドン国際政治学部教授。

著書[編集]

単著[編集]

  • The Offshore World: Sovereign Markets, Virtual Places, and Nomad Millionaires, (Cornell University Press, 2003).

共著[編集]

  • State Strategies in the Global Political Economy, with Jason Abbott and Phil Deans, (Pinter, 1996, rev. ed., 1999).
  • The Imagined Economies of Globalization, with Angus Cameron, (Sage, 2004).
  • Tax havens: how globalization really works, with Richard Murphy and Christian Chavagneux, Cornell University Press, 2010.
『「徹底解明」タックスヘイブン――グローバル経済の見えざる中心のメカニズムと実態』、青柳伸子訳、作品社、2013年

編著[編集]

  • Global Political Economy: Contemporary Theories, (Routledge, 2000).

共編著[編集]

  • Transcending the State-Global Divide: A Neostructuralist Agenda in International Relations, co-edited with Barry Gills, (Lynne Rienner, 1994).
  • Taxhaven: Les paradis fiscaux, with Christian Chavagneux, (La Decouverte, 2006).
杉村昌昭訳『タックスヘイブン――グローバル経済を動かす闇のシステム』(作品社, 2007年)
  • Globalizing Economic Regimes and Institutions, co-edited with Paul James, (Sage, 2007).
  • Sage Library of International Relations, vol. 5: International Political Economy, co-edited with Angus Cameron and Anastasia Nesvetailova, (Sage, 2008).
  • Legacies of empire: imperial roots of the contemporary global order, edited by Sandra Halperin and Ronen Palan, Cambridge University Press, 2015.