レヴィ (フィンランド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Levi
所在地 フィンランドキッティラ
座標 北緯67度48分18秒 東経24度48分07秒 / 北緯67.805度 東経24.802度 / 67.805; 24.802座標: 北緯67度48分18秒 東経24度48分07秒 / 北緯67.805度 東経24.802度 / 67.805; 24.802
標高 531m - 206m
標高差 325 m
最長滑走距離 2.1km
コース数 43 ピステ, (1 transfer)
     - 17 初心者 - (blue)
     - 22 中級 - (red)
     - 3 上級 - (black)
索道 リフト総数27
ゴンドラリフト2
チェアリフト2
T-バーリフト14
子供用スティックリフト5
ロープトゥ4
マジックカーペット1
テレインパーク 3
降雪量 low
人工降雪 yes
ナイター 17 of 43 pistes
ナイター 17 of 43 pistes
公式サイト levi.fi/en
テンプレートを表示

レヴィフィンランドラップランドにある高地フィンランド最大のスキーリゾート地である [1] 。このリゾートはキッティラのシルッカ村にあり、キッティラ空港コラリ駅を利用することができる。 北緯 67.8°で、北極圏の北約170キロメートルに位置している。

レヴィ高地のピークの標高は531メートルである。レヴィには43のスキーコース(そのうち17は投光照明付き)と27のスキーリフトがある。リフトの内訳はゴンドラ2基 、 チェアリフト1基、T-バーリフト14基 、スティックリフト5基 、ロープトウ4基 、子供用のマジックカーペット1基である。 レヴィはフィンランド国内のゴンドラリフトがある2つの場所の内の1つであり、フィンランドで最高の国内スキーリゾートに4回選ばれている。

レヴィではFISアルペンスキーワールドカップサーキットのスラロームが、11月中旬の早い時期に開催される [1](2019年のレースはわずかに遅れて11月23〜24日に開催された)。気候と人口降雪により、 北米での晩秋のイベントに先立って、 ヨーロッパで信頼できる早いシーズンの技術的な会場を提供する。

レヴィの多くのスロープは、初心者または中級者に適しているが、上級者向け(Black)のスロープも3つある。最大高低差は325メートル、最長の斜面は2.1キロメートルで、最長のスキーリフトの延長は約1,636メートルである。レヴィには、スーパーパイプが1つ、ハーフパイプが1つ、ストリートが2つ、スノーパークが2つ、子供用のゲレンデが10、レストランが7つある。

レヴィのスキーとスノーボードのシーズンはかなり長く、多くの場合10月から5月中旬まで続く。 スキースクールでは、ダウンヒルスキー、スノーボード、 テレマークスキークロスカントリースキーの指導を行っている。クロスカントリースキーヤーは、春まで長く残る雪とスキートラックを利用できる。レヴィには230キロメートルのクロスカントリースキートラックと886キロメートルのスノーモービルトラックがある。

北極圏の北にあるリゾートの緯度は、通常、冬の間ゆったりとした積雪と氷点下の温度(< 0 °C (32 °F))を提供する。 また、オーロラ観察の優れたチャンスを提供する 。 冬の人気と比べて、夏のレヴィはとても静かであるが、周辺地域を探索するのに適した拠点となる。

レヴィの中心部から8キロメートル離れた場所に、Luvattumaa、レヴィアイスホテル、アイスギャラリーがある。レヴィから45キロメートル離れて雪の村ライニオがあり、雪と氷の建物を見たり、氷のレストラン(ライニオ)で食事をしたり、氷室で夜の眠りを体験することができる。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Ramsay (2016年12月21日). “The world's coolest alpine retreat?”. CNN. 2016年12月28日閲覧。

外部リンク[編集]