レンジャクノジコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
レンジャクノジコ
Crested Bunting (Melophus lathami) Photograph By Shantanu Kuveskar.jpg
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
: ホオジロ科 Emberizidae
: レンジャクノジコ属 Melophus
: レンジャクノジコ M. lathami
学名
Melophus lathami
(Gray, 1831)
和名
レンジャクノジコ
英名
Crested Bunting

レンジャクノジコ (連雀野路子、学名:Melophus lathami)は、スズメ目ホオジロ科に分類される鳥類の一種である。

分布[編集]

パキスタンインド北部から、ネパールチベット南東部、中国西南部からタイ北部、ベトナム北部に生息する。生息地では基本的には留鳥であるが、高地で繁殖した個体の中には、冬期に南方へ渡るものもある。

日本では迷鳥として、1987年西表島で1羽の観察記録があるのみ。

形態[編集]

全長約17cm。日本で記録されたホオジロ類としては最大種である。雌雄とも頭頂に長い冠羽を持っており、よく立てている。冠羽がある外見がキレンジャク等のレンジャク類と似ていることが和名の由来である。雄の方が冠羽は長い。

雄は頭部から下尾筒、背から腰にかけてが淡い青光沢のある黒色で、翼と尾は赤茶色である。雌は頭部から背、肩羽、上尾筒にかけてがオリーブ褐色で、褐色の斑があり、体の下面は淡い褐色である。

生態[編集]

平地の開けた農耕地や、草地、疎林などに生息する。

地鳴きは「フチッ フチッ」「チッ」など。

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類
ホオジロ亜科 Emberizinae
ホオジロ族 Emberizini

保全状態評価[編集]

参考文献[編集]

  • 真木広造他 『日本の野鳥590』 平凡社
  • 『日本の鳥 550 山野の鳥』、文一総合出版

関連項目[編集]