レプリカント・イブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
レプリカント・イブ
監督 國米修市
脚本 國米修市
出演者 井上正大
倉田てつを
蝶野正洋
岩田陽葵
山本博子
新谷徹
山本翔太
編集 國米美子
製作会社 MIRAI PICTURES JAPAN
配給 株式会社MIRAI
公開 2015年
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 心が君を、探してる。
テンプレートを表示

レプリカント・イブは、2015年公開の日本映画。トワイライトファイルシリーズの第11作目。井上正大倉田てつを蝶野正洋岩田陽葵山本博子新谷徹山本翔太等が出演[1]

概要[編集]

トワイライトファイルシリーズの第11作目。初のSF特撮作品として、長年「仮面ライダーシリーズ」「スーパー戦隊シリーズ」の操演、特殊効果を担当した國米修市が映画初監督を務める[2]。主軸キャストにも「仮面ライダーディケイド」・井上正大、「仮面ライダーBLACK」倉田てつをが選ばれた。

あらすじ[編集]

謎の施設。ドクター・ノア最新の発明品「戦闘用のバイオレプリカント・イブ」の機能テストを披露していた。熟練した兵士をいとも簡単に次々と倒すが、加速装置を起動するとどこかに飛んで消えてしまった。

大学生の風間亮は佐伯小夜をデートに誘うが振られてしまう。そこに小夜そっくりのバイオレプリカントが気を失って倒れていたことで、介抱する亮。一方、行方不明のバイオレプリカントを追っていた科学者たちは、小夜をバイオレプリカントと間違え捕捉、拉致。間違えたことに気づくと、地下組織を交え亮たちに迫る[3]

出演者[編集]

仲良し3人組[編集]

ミドルエンド社[編集]

各国バイヤー[編集]

バイオレプリカント[編集]

亮の同級生[編集]

  • 佐伯小夜 - 岩田陽葵(二役)
  • 優花 - 吹上由衣

アイドル[編集]

  • 海野洋子 - 松田玲莉(二役)

商店街の人々[編集]

小夜の両親[編集]

館内アナウンス[編集]

警官[編集]

音楽[編集]

  • 主題歌『消えない記憶』作詞:横須賀泰希、作曲・編曲:HΛL、歌:横須賀泰希
  • 挿入歌『大切なコト』歌:上野翠、作詞:上野翠、作曲・編曲:クマロボ
  • 挿入歌『The Ones』歌:秦文麿、作詞:秦文麿、作曲・編曲:秦文麿

スタッフ[編集]

関連商品[編集]

  • 2016年1月22日にイーネット・フロンティアからDVD化。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 井上正大ら新旧「仮面ライダー」のキャストやスタッフ集結、SFアクション12月公開”. 映画ナタリー (2015年11月26日). 2017年7月22日閲覧。
  2. ^ オリジナルビデオ作品では監督歴あり。
  3. ^ 出演実積 – レプリカント・イブ”. MIRAI PICTURES Academy. 2017年7月22日閲覧。

外部リンク[編集]