レオポルト・トラッティニック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Leopold Trattinnick

レオポルト・トラッティニック(Leopold TrattinnickまたはLeopold Trattinick 1764年5月26日 - 1849年1月24日)はオーストリアの植物学者、菌類学者である。『オーストリアの菌類、40枚の観察図付き』("Fungi austriaci delectu singulari iconibus XL observationibusque")などの著作などで知られる。

略歴[編集]

ウィーン近郊のクロスターノイブルクの名家に生まれた。はじめ法律を学ぶが自然科学に興味を持ち、昆虫学、鉱物学、植物学、特に菌類と種子植物に興味を持った。1797年に綿の栽培に関する著作を発表するが、職業として植物学者として働くのは、1806年に神聖ローマ皇帝フランツ1世の王室博物学コレクションの管理人(Kustos)に任じられてからである。この王室博物学コレクションが元になって、ウィーン自然史博物館が作られることになる。

いくつかの図入りの豪華本を出版したことでも知られ、これらの図版はライネリ(Franz Reinelli)やシュトレーメル(Ignaz Stremel)らが描いた。

1820年にドイツ自然科学アカデミー・レオポルディーナの会員に選ばれた。

カンラン科の属名トラッティニッキア属 (Trattinnickia) Willd.に献名された。

Tratt.は、植物の学名命名者を示す場合にレオポルト・トラッティニックを示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)

著書の図版[編集]

著作[編集]

  • Anleitung zur Cultur der ächten Baumwolle in Österreich. Wien 1797.
  • Genera plantarum methodo naturali disposita. Vindobonae (Wien) 1802.
  • Fungi austriaci, iconibus illustrati. Wien 1804–1806.
  • Die eßbaren Schwämme des Oesterreichischen Kaiserstaates. 1809, 2. Aufl. 1830.
  • Archiv der Gewächskunde. Wien 1811–1818.
  • Auswahl ... sehr merkwürdiger Gartenpflanzen. 1812–1822.
  • Flora des Oesterreichischen Kaiserthumes. 1816–1822.
  • Thesaurus botanicus… Wien 1805, 2. Aufl. 1819.
  • Rosacearum monographia. 1823–1824.
  • Genera nova plantarum iconibus observationesque illustrata. Selbstverlag, 1825 (24 Kupfertafeln).[4]
  • Neue Arten von Pelargonien deutschen Ursprunges. 1825–1843

参考文献[編集]