レイモンド・オディエルノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
レイモンド・T・オディエルノ
Raymond Thomas Odierno
Odierno Raymond CSA ASU.jpg
2011年9月のオディエルノ大将
(陸軍参謀総長就任時の公式ポートレート)
渾名 Ray(レイ)
生誕 1954年9月8日(62歳)
ニュージャージー州ロッカウェイ
所属組織 Emblem of the U.S. Department of the Army.svgアメリカ陸軍
軍歴 1976年-2015年
最終階級 US Army General insignia (1866).svg 大将(退役)
除隊後 JP Morgan Chase & Coへ
テンプレートを表示

レイモンド・トーマス・“レイ”・オディエルノ(Raymond Thomas "Ray" Odierno、1954年9月8日 - )は、第38代陸軍参謀総長を務めたアメリカ陸軍の退役軍人

第3軍団司令官(2006年 - 2008年)イラク駐留アメリカ軍司令官(2008年 - 2010年)統合戦力軍司令官(2010年10月 - 2011年8月)などを歴任し、2011年9月7日に、統合参謀本部議長に就任したマーティン・デンプシー陸軍大将の後任として、第38代陸軍参謀総長に就任し、2015年8月に退役した。

第3軍団司令官に就任する以前には、ライス国務長官のもとで統合参謀本部所属の上級軍事補佐官を務めていた(2004年11月3日―2006年)。

退役後は、9月1日付けで、JP Morgan Chaseの危機管理担当上級顧問に就任( Wall Street Journal)。

身上学歴[編集]

オディエルノ大将は、ニュージャージー州ロッカウェイで誕生し、モリスヒルズ高校で学び、その後アメリカ陸軍士官学校に入校した。1976年6月に理工学の学士号を取得し、ノースカロライナ州立大学で学び、原子力工学の学士号と、理学の修士号を取得した。次いで、アメリカ海軍戦争大学校で国家安全保障学の修士号を取得した。2012年にはノースカロライナ州立大学から人文学博士号を取得した。

経歴[編集]

2012年1月19日、来日した米陸軍参謀総長オディエルノ将軍に記念品を贈呈する田中直紀防衛大臣(第10代)

U.S. Military Academy COA.png アメリカ陸軍士官学校 – 1976年卒業

階級 昇進年月日
US-O1 insignia.svg 少尉 1976年6月2日
US-O2 insignia.svg 中尉 1978年6月2日
US-O3 insignia.svg 大尉 1980年8月1日
US-O4 insignia.svg 少佐 1986年12月1日
US-O5 insignia.svg 中佐 1992年2月1日
US-O6 insignia.svg 大佐 1995年9月1日
US-O7 insignia.svg 准将 1999年7月1日
US-O8 insignia.svg 少将 2002年11月1日
US-O9 insignia.svg 中将 2005年1月1日
US-O10 insignia.svg 大将 2008年9月16日

私生活[編集]

オディエルノには、3人の子供と4人の孫がいる。長男のトニーは、ダニエラと結婚し、長女のケイティは、ニック・ファンクと結婚し、次男のマイクは独身である。トニー・オディエルノは大尉としてイラクに派遣された際にロケット推進砲による攻撃を受け、左腕を失い、軍を除隊している。

外部リンク[編集]

軍職
先代:
マーティン・デンプシー
陸軍参謀総長
2011–2015
次代:
マーク・A・ミリー