レイノ・クースコスキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
レイノ・クースコスキ
Reino Iisakki Kuuskoski
Reino-Kuuskoski.jpg
生年月日 (1907-01-18) 1907年1月18日
出生地  フィンランド ロイマー
没年月日 (1965-01-27) 1965年1月27日(58歳没)
死没地  フィンランド ヘルシンキ

在任期間 1958年4月26日 - 1958年8月29日
大統領 ウルホ・ケッコネン
テンプレートを表示

レイノ・イーサッキ・クースコスキフィンランド語: Reino Iisakki Kuuskoski1907年1月18日 - 1965年1月27日)は、フィンランド政治家法学者

ロイマー生まれ。1953年11月17日から翌年5月5日にかけ、同国第37政権で法務大臣を、さらに1958年4月26日から8月29日まで第43政権の首相を務めた。この閣僚経験はいずれも暫定政府時代のことであった。また、最高行政裁判所長官や第7代議会オンブズマンも務め、フィンランドの都市法制において中心的役割を果たした。

公職
先代:
ライネルフォン・フィーアント
フィンランドの首相
1958年
次代:
カール=アウグスト・ファーゲルホルム