ウルホ・ケッコネン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フィンランドの旗 フィンランドの政治家
ウルホ・ケッコネン
Urho Kaleva Kekkonen
Urho Kekkonen 1961.jpg
ウルホ・ケッコネン(1959年)
生年月日 1900年9月3日
出生地 フィンランド大公国の旗 フィンランド大公国ピエラヴェシ
没年月日 1986年8月31日(満85歳没)
死没地 フィンランドの旗 フィンランドヘルシンキ
出身校 ヘルシンキ大学
前職 弁護士警察官ジャーナリスト
所属政党 農民同盟 (1956-1965)
フィンランド中央党 (1965-1982)
配偶者 シルビ・サロメ・ウイノ
サイン KekkonenUrhoSignature.png

在任期間 1950年3月17日 - 1953年11月17日
大統領 ユホ・クスティ・パーシキヴィ

在任期間 1954年10月20日 - 1956年3月3日
大統領 ユホ・クスティ・パーシキヴィ

在任期間 1956年3月1日 - 1982年1月27日
テンプレートを表示

ウルホ・カレヴァ・ケッコネンフィンランド語: Urho Kaleva Kekkonen1900年9月3日 - 1986年8月31日)は、フィンランド共和国首相、第8代大統領

人物[編集]

1983年、彼の名を冠したウルホ・ケッコネン国立公園が制定された。

ヘルシンキセウラサーリ野外博物館内には彼の私邸が保存されており、ウルホ・ケッコネン・ミュージアムとなっている。このケッコネン邸の離れにあるサウナでは、1975年7月、ヘルシンキでの欧州安全保障協力会議 (CSCE) 終了後に、ブレジネフ書記長とフォード大統領、ケッコネン大統領が水入らずで入浴を楽しんだという逸話がある。

また、シモ・ヘイヘヘラジカ猟を楽しんだという逸話も残る。

かつてフィンランドで発行されていた500マルッカ紙幣に肖像が使用されていた。

関連項目[編集]