ルーマニア革命 (1944年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルーマニア革命(ルーマニアかくめい、ルーマニア語: Revoluţia română)は、1944年ルーマニア王国で発生したクーデターである。

概要[編集]

ルーマニアは当時、イオン・アントネスク率いるファシズム政権のもとで枢軸国として第二次世界大戦に参戦していた。 国王ミハイ1世は、ひそかに共産党を含む各政党の党首と会い、アントネスクを解任して枢軸国から離脱し、連合国に降伏した。

歴史[編集]

関連作品[編集]

フランチスク・ムンティアヌ『一切れのパン』は、政府の降伏を知らずに勤務先のあるブダペストに入港、敵性人として逮捕されたルーマニア人船員が護送中に脱走し、自宅に無事帰り着くまでの逃避行を描いた小説である。