ルートヴィヒ・ガストン・フォン・ザクセン=コーブルク・ウント・ゴータ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ザクセン=コーブルク=ゴータ公子ルートヴィヒ・ガストン

ルートヴィヒ・ガストン・クレメンス・マリア・ミヒャエル・ガブリエル・ラファエル・ゴンザーガ・フォン・ザクセン=コーブルク・ウント・ゴータドイツ語: Ludwig Gaston Klemens Maria Michael Gabriel Rafael Gonzaga von Sachsen-Coburg und Gotha, 1870年9月15日 エーベンタールオーストリア - 1942年1月23日 インスブルック、オーストリア)は、ザクセン=コーブルク=ゴータ家カトリック系の分家コハーリ侯爵家の公子。

ザクセン=コーブルク=ゴータ公子ルートヴィヒ・アウグストと、その妻でブラジル皇帝ペドロ2世の次女レオポルディナとの間の四男、末息子。

1900年5月1日、ミュンヘンでバイエルン王ルートヴィヒ3世の娘マティルデと結婚した。マティルデとの間には一男一女をもうけたが、1906年に死別した。

  • アントニウス・マリア・ルートヴィヒ・クレメンス・オイゲン・カール・ハインリヒ・アウグスト・ルイトポルト・フランツ・ヴォルフガンク・ペーター・ガストン・アレクサンダー・アルフォンス・イグナティウス・アロイジウス・スタニスラウス(1901年 - 1970年)…1938年、Luise Mayrhoferと結婚
  • マリア・インマクラータ・レオポルディーネ・フランツィスカ・テレジア・イルデフォンサ・アーデルグンデ・クレメンティーネ・ヒルデガルト・アンナ・ヨーゼファ・エリーザベト・ザンクタ=アンゲリカ・ニコレッタ(1904年 - 1940年)

1907年11月30日、ビショフタイニッツ(現在のホルショフスキー・ティーン (en)でトラウトマンスドルフ=ヴァインスベルク伯爵夫人アンナ(1873年 - 1948年)と再婚し、娘を一人もうけた。

  • ヨゼフィーネ・マリア・アンナ・レオポルディーネ・アマーリエ・クレメンティーネ・ルドヴィカ・テレジア・ガブリエラ・ゴンザーガ(1911年 - 1997年)…1937年、バラッタ=ドラゴーノ男爵リヒャルトと結婚