アウグスト・レオポルト・フォン・ザクセン=コーブルク・ウント・ゴータ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アウグスト・レオポルト
August Leopold
コーブルグ=コハーリ家
Augusto Leopoldo de Saxe-Coburgo e Bragança.jpg
アウグスト・レオポルト(1918年頃)
全名
出生 (1867-12-06) 1867年12月6日
Flag of Brazil (1822–1870).svg ブラジル帝国リオ・デ・ジャネイロ
死去 (1922-10-22) 1922年10月22日(54歳没)
オーストリアの旗 オーストリアシュタイアーマルク州シュラートミンク
埋葬 ドイツの旗 ドイツ国コーブルク、聖アウグスティン教会
配偶者 カロリーネ・フォン・エスターライヒ=トスカーナ
子女
父親 ルートヴィヒ・アウグスト
母親 レオポルディナ
宗教 キリスト教カトリック教会
サイン Assinatura - Dom Augusto Leopoldo de Saxe-Coburgo e Bragança.jpg
テンプレートを表示

アウグスト・レオポルト・フォン・ザクセン=コーブルク・ウント・ゴータドイツ語: August Leopold von Sachsen-Coburg und Gotha, 1867年12月6日 - 1922年10月22日)は、コハーリ侯爵家の公子。ブラジル帝室の一員であり、ブラジルではアウグスト・レオポルド・デ・サクセ=コブルゴ・イ・ブラガンサポルトガル語: Augusto Leopoldo de Saxe-Coburgo e Bragança)と呼ばれた。

生涯[編集]

ザクセン=コーブルク=ゴータ公子ルートヴィヒ・アウグストと、その妻でブラジル皇帝ペドロ2世の次女レオポルディナとの間の次男として生まれた。アウグスト・レオポルトは兄ペーター・アウグストとともに、外祖父のペドロ2世の手許で養育されたが、ブラジル帝室は1889年の帝政廃止と同時にフランスに亡命し、アウグスト・レオポルトはオーストリア=ハンガリー帝国海軍に仕官した。

ペドロ2世の死後、アウグスト・レオポルトは1895年に起きたブラジル帝政復活計画において、次のブラジル皇帝に推された。本来のブラジル帝位継承者である伯母のイザベルは、ブラジル国民の間で全く人気がなかったためである。オーストリア=ハンガリー外務省とドイツ皇帝ヴィルヘルム2世は、ブラジル帝位の継承者としてアウグスト・レオポルトを熱心に支持した。

アウグスト・レオポルトは1903年にポルトガル塔および剣勲章英語版を受章した。同年、オーストリアのザンクト・エギデン・アム・シュタインフェルトドイツ語版の城と荘園を買い取って暮らした。1916年に従弟のレオポルト・クレメンス英語版が死去すると、アウグスト・レオポルトはハンガリー最大の地主貴族の一つである、コハーリ侯爵家の後継ぎとなった。1918年にエギデンの地所を売り払い、1921年に伯父のフィリップ(レオポルト・クレメンスの父)が死去するとコハーリ侯爵家の家督を引き継いだ。

1922年、シュラートミンク英語版で死去。死後、コーブルク聖アウグスティン教会英語版にあるコハーリ侯爵家の地下納骨堂に埋葬された。

子女[編集]

アウグスト・レオポルトと家族(1899年頃)

1894年5月30日、ウィーンでオーストリア大公およびトスカーナ公子カール・ザルヴァトールの次女カロリーネと結婚した。間に4男4女を儲けた。

参考文献[編集]

  • Erich Angermann, Norbert Finzsch, Hermann Wellenreuther: Liberalitas Band 1 von Transatlantische historische Studien, Franz Steiner Verlag, 1992, S. 250 f.