レオポルディナ・フォン・ブラジリエン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
レオポルディナ
Princesa Leopoldina
ブラジル帝国
ブラガンサ家
Princess leopoldina around 1864.jpg
レオポルディナ(1864年)

全名 レオポルディナ・テレザ・フランシスカ・カロリナ・ミカエラ・ガブリエラ・ラファエラ・ゴンザガ・デ・ブラガンサ・イ・ボウルボン
Leopoldina Teresa Francisca Carolina Micaela Gabriela Rafaela Gonzaga de Bragança e Bourbon
称号 ブラジル皇女
ザクセン=コーブルク=ゴータ公妃
ザクセン公妃
敬称 Sua Alteza Imperial(殿下)
出生 (1847-07-13) 1847年7月13日
Flag of Brazil (1822–1870).svg ブラジル帝国リオデジャネイロ
死去 (1871-02-07) 1871年2月7日(23歳没)
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国ウィーン
埋葬 オーストラリアの旗 オーストラリアコーブルクSt. Augustin
配偶者 ルートヴィヒ・アウグスト・フォン・ザクセン=コーブルク・ウント・ゴータ
子女 ペーター・アウグスト
アウグスト・レオポルト
ジョゼ・フェルナンドポルトガル語版
ルートヴィヒ・ガストン
父親 ブラジル皇帝ペドロ2世
母親 テレサ・クリスティナ・デ・ボルボン=シシリアス
テンプレートを表示

レオポルディナ・フォン・ブラジリエンドイツ語Leopoldina von Brasilien, 1847年7月13日 - 1871年2月3日)は、ザクセン=コーブルク=ゴータ公子ルートヴィヒ・アウグストブルガリアフェルディナンド1世の兄)の妻。

ブラジル皇帝ペドロ2世と皇后テレサの次女として、リオデジャネイロで生まれた(ポルトガル語での全名はLeopoldina Teresa Francisca Carolina Micaela Gabriela Rafaela Gonzaga de Bragança)。レオポルディナとは、父方の祖母にあたるマリア・レオポルディナ・デ・アウストリアにちなむものである。ブラジル摂政を務めたイザベルは姉にあたる。

1865年、ルートヴィヒ・アウグストと結婚し、4子をもうけた。

1871年、レオポルディナはウィーンチフスに罹患し急逝した。

ザクセン=コーブルク・イ・ブラガンサ家の紋章