ルータン ロング・イージー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アメリカ海洋大気庁の所有するロング・イージー

ルータン ロング・イージー(Rutan Long-EZ)とはアメリカの航空技術者バート・ルータンが開発した複座の組み立て式飛行機(en:homebuilt aircraft)である。エンテ型推進式バリ・イージーの改良型として設計され、燃料搭載量を増やすことで航続距離が大幅に増加している。バリ・イージーと共にベストセラーとなり、その設計は後の組み立て式飛行機に強い影響を与えた。

特徴[編集]

ロング・イージーはバリ・イージーの改良型として開発され、原型機(連邦航空局の登録番号N79RA)の初飛行は1979年6月12日に行われた。バリ・イージーとの主な違いは胴体が延長されて主翼面積が大きくなっている点である。これにより燃料を含む積載量が増え、内部スペースも広くなった。またエンジンにはライカミング・エンジン製(en:Lycoming Engines)O-235(出力約110hp)を搭載しており、バリ・イージーでの機首部のバラストは廃止された。操縦席は半リクライニングシートで、ジョイスティック的な操縦桿が右側の肘掛に設置されている。機体下面にはエアブレーキを備え、主翼端のラダーを外側に展開することでもエアブレーキの代替になる。

ロング・イージーはバリ・イージーよりも長距離飛行を目的とした設計がなされており、200Lの燃料で時間にして10時間、距離にして2,500kmの飛行が可能になっている。また、後席に燃料タンクを積めば航続距離は7,700kmにまで達する。

1980年から1985年まで組み立てキットとして販売され、2005年末の段階では約700機のロング・イージーが連邦航空局に登録されている。

ロング・イージーの改造機[編集]

アメリカでロケットの開発を行っているXCORエアロスペース(en:XCOR Aerospace)という私企業がロング・イージーのエンジンを2基のロケットエンジンに換装した実証機を製作している。この機体はイージー・ロケット(en:XCOR EZ-Rocket)と呼ばれた。これを基にしてロケットレーシングリーグ(en:Rocket Racing League)向けのレース機を開発する予定であったが、最終的にはイージー・ロケットではなく同じく組み立て式飛行機のベロシティー SE(en:Velocity SE)がベースとして使用された。

性能諸元[編集]

主翼に積荷用ポッドを装着したロング・イージー
  • 搭乗員:2名
  • 全長:5.12 m
  • 全幅:7.9 m
  • 全高:2.4 m
  • 翼面積:7.62 m² (カナード翼面積も合わせた場合8.81 m²)
  • 空虚重量:345 kg
  • エンジン:ライカミング・エンジン O-235 (空冷式、出力108hp~118hp、プロペラ推進)
  • 巡航速度:291 km/h
  • 最大速度:340 km/h
  • 航続距離:2,222 km (巡航速度時)

関連項目[編集]

ルータンの製作した組み立て式飛行機

参考文献[編集]