ル・ボレアル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ル・ボレアル
Ísafjörður 21.JPG
基本情報
所有者 Compagnie du Ponant[1]
運用者 コンパニ・デュ・ポナン
経歴
竣工 2010年5月3日
要目
総トン数 10,944 トン
全長 142.1 m
18.0 m
喫水 4.7 m
主機 ディーゼル・エレクトリック
出力 8,700馬力
速力 16.0ノット
旅客定員 264名
乗組員 140名
テンプレートを表示

ル・ボレアルLe Boréal)は、コンパニ・デュ・ポナンが運航しているクルーズ客船。 ル・ボレアルの船名はフランス語で北方を意味する。

概要[編集]

ル・ボレアル級の1番船として、2010年5月3日、イタリアのフィンカンティエリアンコーナ工場で竣工した。 コンパニ・デュ・ポナンでは初めて1万総トンを超えた客船で、船価は2億ユーロ。 外観はヨット・クルーザー型のスマートな形状をしており、港湾設備の整っていない入江等にも寄港するため、上陸用のテンダーボートゾディアックボートへ移乗し易いよう、船尾水線部にデッキを設けている。 また、客室数は132室で全てが海側客室(アウトサイド・キャビン)であり、うち125室はベランダ付きである。 5月6日からのマルセイユ地中海クルーズでデビューし、夏期は地中海や北欧、冬期は南米を中心に就航している。 その後、同型の2番船が2011年に竣工、3番船も建造中である。

火災事故[編集]

2015年11月18日、2時ごろフォークランド諸島沖の南大西洋サウス・ジョージアへ向かって航行中、エンジンルームから出火した。救助要請に対してイギリス空軍イギリス海軍が救難活動を行い、乗員乗客347人のうち79人が2機のシーキングを含む4機のヘリコプターにより救出され、残りはイギリス海軍リバー型哨戒艦クライド」に救助された[2]

同型船[編集]

  • 2番船 「ロストラル(L'Austral)」
2011年4月20日竣工。
  • 3番船 「ル・ソレアル(Le Soleal)」
2013年竣工予定。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 海人社『世界の艦船 増刊 世界のクルーズ客船 2009-2010』2009年12月号増刊 No.716
  • 海人社『世界の艦船』2010年7月号 No.726
  • 海人社『世界の艦船』2010年11月号 No.732
  • 海事プレス社『クルーズシップ・コレクション 2012・2013』クルーズ4月臨時増刊