ルミナス神戸2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ルミナス神戸2
Luminous kobe01s3200.jpg
基本情報
船種 レストラン船
船籍 日本の旗 日本
所有者 豊野産業
船舶整備公団[1]
運用者 ルミナス観光[1]ルミナスクルーズ
建造所 三菱重工業神戸造船所
信号符字 JJ3868
IMO番号 9071789
MMSI番号 431000469
経歴
起工 1993年4月
進水 1993年7月
竣工 1994年1月31日[1]
就航 1994年2月20日[1]
要目 (竣工時)
総トン数 4,408トン[1]
載貨重量 1,019重量トン
全長 106.0 m[1]
登録長 100.12 m
垂線間長 95.00 m
16.0 m[1]
深さ 8.9 m[1]
喫水 4.8 m[1]
機関方式 ディーゼル
主機関 三菱重工業 8UEC33LSII 1基[1]
推進器 1軸[1]
出力 5,870馬力[1]
最大速力 19.3ノット[1]
航海速力 18.0ノット[1]
旅客定員 700名[1]
テンプレートを表示

ルミナス神戸2(ルミナスこうべツー)とは、神戸港中突堤から出航する旅客船、日本最大のレストラン船ルミナスクルーズ株式会社により運航されている。

概要[編集]

1987年に就航した日本最初のレストラン船の一つとされるルミナス神戸の代船として、三菱重工業神戸造船所で建造され1994年に就航した。総トン数3,900トン、旅客定員750名だった前船から、総トン数4,778トン、旅客定員1,000名と一回り大きな船体となった。外観、内装ともにフランス客船ノルマンディーをイメージしたデザインとなっている[1]

航路[編集]

中突堤-ポートアイランド神戸空港沖-須磨沖-和田岬沖-中突堤
中突堤-和田岬沖-須磨沖-明石海峡大橋通過-播磨灘-明石海峡大橋通過-大阪湾-中突堤

船内[編集]

レストラン・ホール施設[編集]

  • 「ザ・ノルマンディー」 20 - 40名
  • 「サール・ド・メール」 80席 60 - 120名
  • 「ル・アーブル」 88席
  • 「カリブ」 164席 180 - 220名
  • 「ラ・セーヌ」 124席 120 - 150名
  • 「エルダイナー」 40 - 60名
  • 「ルミエール」 30 - 80名


乗船場所[編集]

交通アクセス[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 世界の艦船(1994年4月号,p120)

外部リンク[編集]