ルドルフ・シュルツ=ドルンブルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ルドルフ・シュルツ=ドルンブルクRudolf Schulz-Dornburg, 1891年[1]3月31日 - 1949年8月16日)はドイツ指揮者

ヴュルツブルクの生まれ。

ケルン音楽院で学び、その地で合唱指揮者としてキャリアをスタートさせた。 マンハイムミュンスターエッセンで指揮者としての経験を積み、1919年のボーフム交響楽団の創立指揮者[2]を経て、1934年ベルリン放送交響楽団の指揮者に就任した。 1942年にはベルリン放送の音楽総監督となり、ドイツ国営放送の総責任者も務めた。 第二次世界大戦後は、リューベックを中心に活動したが、1949年にグムンド・アム・テーゲルンゼーで亡くなった。

脚註[編集]

  1. ^ アーカイブされたコピー”. 2015年1月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年9月7日閲覧。
  2. ^ [1]