ルツェルン祝祭管弦楽団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルツェルン祝祭管弦楽団(ルツェルンしゅくさいかんげんがくだん、英語:Lucerne Festival Orchestra)は、スイスルツェルンで開かれる「ルツェルン音楽祭・夏の音楽祭」で臨時編成されるオーケストラである。

歴史[編集]

前身は、1938年にこの音楽祭のレジデント・オーケストラとして組織され、1990年代に中断した旧ルツェルン祝祭管弦楽団(スイス祝祭管弦楽団)である。その最初の演奏は、アルトゥーロ・トスカニーニの指揮の下で行われた。

このオーケストラは長らくスイス国内からメンバーが集められていたが、2003年クラウディオ・アバドがオーケストラの芸術監督に就任したのを期に、マーラー室内管弦楽団の団員を中核としてベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のメンバーやザビーネ・マイヤーコーリャ・ブラッハーマリオ・ブルネロナターリヤ・グートマンハーゲン弦楽四重奏団アルバン・ベルク弦楽四重奏団のメンバーなどが参加して新たに結成され、2006年10月に来日公演も行われた。日本人ハープ奏者の吉野直子も時々参加している。

レコーディングはアバドが指揮したマーラー交響曲第2番ドビュッシー」、DVDでは同じくアバド指揮でマーラー交響曲シリーズなどがある。

外部リンク[編集]