ルキウス・マンリウス・ウルソ・ロングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Rmn-social-header-1-.svg
ルキウス・マンリウス・ウルソ・ロングス
L. Manlius A. f. P. n. Vulso Longus
出生 不明
死没 不明
出身階級 パトリキ
氏族 マンリウス氏族
官職 執政官(紀元前256年、紀元前250年)
指揮した戦争 エクノムス岬の戦い
アスピスの戦い
リルバイウムの戦い
テンプレートを表示

ルキウス・マンリウス・ウルソ・ロングスラテン語: Lucius Manlius Vulso Longus, 生没年不詳、紀元前3世紀)は、共和政ローマの政治家、将軍。第一次ポエニ戦争に従軍した。

経歴[編集]

紀元前256年執政官に選出されたが、同僚執政官のクィントゥス・カエディキウスが任期中に死去し、補充執政官としてマルクス・アティリウス・レグルスが選出された[1]。彼らはカルタゴ海軍との小競り合いに勝利すると、ローマ海軍の増強に努め、330隻を率いてシチリア島のメッサナ(現メッシーナ)へ入港[2]。その後エクノムス岬の戦いでカルタゴ海軍350隻と戦い勝利した。

更に彼らはアフリカに上陸し、街を一つ攻略(アスピスの戦い)、レグルスはそのまま駐屯し、ウルソは捕虜と戦利品を持ってローマに戻り[3]海軍凱旋式の敢行が許された[1]

紀元前250年に再び執政官に就任すると、200隻の艦隊を率いてリリュバエウムを包囲した(リルバイウムの戦い[4]。カルタゴ側の傭兵部隊の裏切りがあったものの、守将ヒミルコは良く守り、年を越した。

出典[編集]

参考文献[編集]

  • T. R. S. Broughton (1951, 1986). The Magistrates of the Roman Republic Vol.1. American Philological Association 

関連項目[編集]

公職
先代:
ガイウス・アティリウス・レグルス・セッラヌス
グナエウス・コルネリウス・ブラシオ
ローマ執政官 I
紀元前256年
同僚
クィントゥス・カエディキウス(死亡)、
マルクス・アティリウス・レグルス
次代:
マルクス・アエミリウス・パウッルス
セルウィウス・フルウィウス・パエティヌス・ノビリオル
先代:
ルキウス・カエキリウス・メテッルス
ガイウス・フリウス・パキルス
ローマ執政官 II
紀元前250年
同僚
ガイウス・アティリウス・レグルス・セッラヌス
次代:
プブリウス・クラウディウス・プルケル
ルキウス・ユニウス・プッルス