ルイ・アルマン1世 (コンティ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
コンティ公ルイ・アルマン1世

ルイ・アルマン1世・ド・ブルボン=コンティフランス語: Louis Armand Ier de Bourbon-Conti, prince de La Roche-sur-Yon, 2e prince de Conti1661年4月4日 - 1685年11月9日)は、フランスの貴族。第2代コンティ公

初代コンティ公アルマンと妻アンヌ・マリー・マルティノッジの長男として、パリで生まれた。1680年、マリー・アンヌ・ド・ブルボンルイ14世と愛妾ルイーズ・ド・ラ・ヴァリエールの子)と結婚した。妻とは不仲で子供はなかった。

ルイ・アルマンは1683年にフランドルで軍人として目覚ましい活躍を見せ、王になりたいという自身の望みからハンガリーへ生き、第二次ウィーン包囲への反攻でオスマン帝国軍を打ち破るのに荷担した。1685年、妻マリー・アンヌから天然痘が感染して急死した。

参考文献[編集]

先代:
アルマン
コンティ公
1666年 - 1685年
次代:
フランソワ・ルイ