ルイス・ハメット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ルイス・P・ハメット
Louis Plack Hammett
生誕 1894年4月7日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 デラウェア州ウィルミントン
死没 1987年2月9日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニュージャージー州
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究分野 物理化学
出身校 コロンビア大学 (Ph.D)
主な業績 ハメット則
主な受賞歴 プリーストリー賞 (1961)
アメリカ国家科学賞 (1967)
プロジェクト:人物伝

ルイス・P・ハメット(英語:Louis Plack Hammett, 1894年4月7日 - 1987年2月9日)は、アメリカ合衆国の物理化学者である。ベンゼン側鎖構造が及ぼす、反応速度平衡定数の経験則であるハメット則で知られる[1][2]

また、彼は超酸の研究も行っており、その成果は現在ハメットの酸度関数として知られる。Curtin-Hammettの原理は、ハメットの名前から来ている。

生涯[編集]

メイン州ポートランドで育ち、ハーバード大学卒業後、チューリヒ工科大学で学び、1923年にコロンビア大学Ph.D. を取得した。その後もコロンビア大学に留まり、1935年に教授となった[3]

物理有機化学において影響力がある教科書を執筆している[4]

受賞歴[編集]

出典[編集]

  1. ^ 総説Hammett則(著:都野雄甫)
  2. ^ 図表で学ぶ化学(著: 大城芳樹、平嶋恒亮)P.23
  3. ^ 20世紀西洋人名事典 ルイス・P. ハメットコトバンク
  4. ^ Hammett, Louis P. (1940) Physical Organic Chemistry New York: McGraw Hill.