リー・J・コッブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Lee J.Cobb
リー・J・コッブ
リー・J・コッブ
『波止場』でのコッブ
本名 Leo Jacoby
生年月日 (1911-12-08) 1911年12月8日
没年月日 (1976-02-11) 1976年2月11日(64歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州ウッドランド・ヒルズ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
民族 ユダヤ系アメリカ人
職業 俳優
主な作品
波止場
十二人の怒れる男

リー・J・コッブLee J.Cobb, 本名: Leo Jacoby, 1911年12月8日 - 1976年2月11日)は、アメリカ合衆国ニューヨーク出身の俳優

経歴[編集]

ルーマニアやロシアにルーツを持つユダヤ系の家庭に生まれる[1]。父親は新聞の植字工であった[2]

ニューヨーク大学で学び、1934年に映画デビュー。1935年にはマンハッタンをベースとする劇団Group Theatreに加わった[3]

アーサー・ミラーの戯曲『セールスマンの死』の主人公ウイリー・ローマンの演技でその名を知られ、舞台と映画の両方で活動した。

1954年の映画『波止場』ではギャングのボスを、1958年の『カラマゾフの兄弟』では家長のフョードルを演じてアカデミー助演男優賞の候補にもなった。晩年に演じた役として『エクソシスト』でのキンダーマン警部がある。

1951年、俳優のラリー・パークス下院非米活動委員会で証言した際、パークスが共産党員告発した中にコッブの名前もあった。コッブは2年間委員会での証言を拒否し続けたが、ブラックリストに載せられると脅迫され、最終的に20名の元共産党員の名前を挙げることになった[4]

1976年、心臓発作で死去。

主な出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1937 突撃三羽隊
North of the Rio Grande
RR President Wooden
アリババ女の都へ行く
Ali Baba Goes to Town
アラビア人 クレジットなし
1939 ゴールデン・ボーイ
Golden Boy
ボナパルト
1941 感激の町
Men of Boys Town
デイヴ・モリス
1943 銃弾
Buckskin Frontier
Jeptha Marr
聖処女
The Song of Bernadette
Dr. Dozous
1946 アンナとシャム王
Anna and the King of Siam
クララホーム
1947 影なき殺人
Boomerang!
ハロルド・F・ロビンソン
征服への道
Captain from Castile
フアン・ガルシア
1948 出獄
Call Northside 777
ブライアン・ケリー
奇跡の鐘
The Miracle of the Bells
モーリス・ハリス
幸福の森
The Luck of the Irish
デイヴィッド
1949 深夜復讐便
Thieves' Highway
マイク
1951 モロッコ慕情
Sirocco
フェロー
1952 ファイター
The Fighter
デュランゴ
1953 背高きテキサス人
The Tall Texan
セオドア・ベス
1954 ゴリラの復讐
Gorilla at Large
ギャリソン
波止場
On The Waterfront
ジョニー・フレンドリー
1955 スピードに命を賭ける男
The Racers
マグリオ
デンヴァーの狼
The Road to Denver
ジム・ドノヴァン
1956 灰色の服を着た男
The Man in the Gray Flannel Suit
バーンスタイン
1957 十二人の怒れる男
12 Angry Men
陪審員3番
ガーメント・ジャングル
The Garment Jungle
ウォルター・ミッチェル
イブの三つの顔
The Three Faces of Eve
カーティス・ルーサー
1958 カラマゾフの兄弟
The Brothers Karamazov
フィヨードル・カラマゾフ
西部の人
Man of the West
ドック・トービン
暗黒街の女
Party Girl
リコ・アンジェロ
1959 拳銃の罠
The Trap
ヴィクター
緑の館
Green Mansions
ヌーフロ
僕は御免だ
But Not for Me
ジェレマイア・マクドナルド
1960 栄光への脱出
Exodus
バラク・ベン・カナン
1961 黙示録の四騎士
The Four Horsemen of the Apocalypse
ジュリオ・マダリアガ
1962 西部開拓史
How the West Was Won
ルー・ラムゼイ保安官
1963 ナイスガイ・ニューヨーク
Come Blow Your Horn
ハリー・R・ベイカー
1966 電撃フリントGO!GO作戦
Our Man Flint
クラムデン
セールスマンの死
Death of a Salesman
ウィリー・ローマン テレビ映画
1967 電撃フリント・アタック作戦
In Like Flint
クラムデン
1968 マフィア
Il giorno della civetta
ドン・マリアノ・アレナ
マンハッタン無宿
Coogan's Bluff
マッケルロイ
ラスベガス強奪作戦
Las Vegas, 500 millones
スティーヴ・スコウスキー
1969 マッケンナの黄金
Mackenna's Gold
サム・フラー
1970 L・B・ジョーンズの解放
The Liberation of L.B. Jones
オーマン・ヘジパス
西部番外地
Macho Callahan
ダフィー
追跡者
Lawman
ヴィンセント・ブロンソン
1972 女弁護士ジェシー/逆転の最終弁論
Heat of Anger
フランク・ギャルヴィン テレビ映画
1973 エクソシスト
The Exorcist
キンダーマン警部
キャット・ダンシング
The Man Who Loved Cat Dancing
ハーベイ
大誘拐
La polizia sta a guardare
Jovine
1974 虹をわたる風船
Il venditore di palloncini
Vent'anni
1975 ラッキー・タッチは恋の戦略
That Lucky Touch
ヘンリー・スティードマン

テレビシリーズ[編集]

放映年 邦題
原題
役名 備考
1962-1966 バージニアン
The Virginian
ヘンリー・ガース 120エピソード
1970-1971 The Young Lawyers デヴィッド・バレット 24エピソード

受賞歴[編集]

アカデミー賞[編集]

ノミネート
1955年 アカデミー助演男優賞:『波止場
1959年 アカデミー助演男優賞:『カラマゾフの兄弟

ゴールデングローブ賞[編集]

ノミネート
1958年 助演男優賞:『十二人の怒れる男
1964年 助演男優賞:『ナイスガイ ニューヨーク

脚注[編集]

  1. ^ Vernon Scott (1976年1月4日). “Bicentennial a 'very special event" for actor Lee J. Cobb”. The Pittsburgh Press. http://news.google.com/newspapers?id=RMUdAAAAIBAJ&sjid=YlYEAAAAIBAJ&pg=6763,1901672&dq 2009年3月24日閲覧。 
  2. ^ United States Census for 1920, Bronx (New York) Assembly District 4, District 254, Page 16
  3. ^ Lee J. Cobb Biography”. Biography.com. 2010年5月10日閲覧。
  4. ^ Navasky, Victor (2003). Naming Names (Reprint ed.). Hill & Wang. ISBN 978-0809001835. 

外部リンク[編集]