リー・ポパ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Leonard Popa 
LeePopa.jpg
基本情報
出身地 アメリカ合衆国イリノイ州、シカゴ
ジャンル ロック、ジャズ、フュージョン
職業 音楽プロデューサー、レコーディングエンジニア、ツアーマネージャー、ギタリスト
活動期間 1985年 -
レーベル Lee Popa
事務所 東京、シカゴ

リー・ポパ (Leonard Popa) は1957年11月8日生まれのアメリカ合衆国の音楽プロデューサー、レコーディングエンジニア、ツアーマネージャー、ギタリスト。アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれ。リー・ポープ(Lee Pope)と表記することもある。

来歴[編集]

リーは1985年、5人組ロックバンド Slammin Watusis[1]の結成メンバーとして、リードヴォーカルとリードギターを担当した。1990年バンドは解散する。

1990年−1991年にかけてバンド Ministry のツアーMinistry『In Case You Didn't Feel Like Showing Up』や KILLING JOKE の『Extremities, Dirt & Various Repressed Emotions[2] 』にサウンドエンジニアとして参加する。これをきっかけとして、音楽プロデュースに興味を持ち1992年、音楽プロデュース、レコーディングプロデュース業をスタートした。

1993年、リーはEpic/Sony Recordsからリリースされた Living Colour のアルバム『Dread[3]』のレコーデング、ミキシングを担当した。

以降ポップス、ロックを中心に楽曲制作、音楽プロデュース活動を行う。プロデュースしたバンドは KMFDM、Phunk Junkeez、Phantom Planet 他。[4][5][6]

2019年、リーは日本のパンクバンド The Bo-Peeps のアルバム『Colors[7]』をプロデュースした。

出典[編集]

  1. ^ SLAMMIN YOUR EARDRUMS”. Marla Donato, Chicago Tribune. 2020年5月24日閲覧。
  2. ^ MINISTRY / TOOL Live Engineer Lee Popa”. Janelle Newkirk, Bravewords.com. 2020年5月24日閲覧。
  3. ^ Living Colour – Dread”. Discogs. 2020年5月24日閲覧。
  4. ^ Lee Popa”. allmusic.com. 2020年5月24日閲覧。
  5. ^ Don't Let Lee Popa be another Statistic”. dailykos.com. 2020年5月24日閲覧。
  6. ^ Lee Popa At AllMusic”. allmusic.com. 2020年5月24日閲覧。
  7. ^ BO-PEEP”. spaceshowermusic.com. 2020年5月24日閲覧。

外部リンク[編集]