リレーションシップ・マーケティング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

リレーションシップ・マーケティングは、1990年代に発展したマーケティングの一手法である。

概要[編集]

企業と顧客との間に築かれる関係性に着目し、顧客との継続的で長期な取引関係の構築と維持を目指して展開されるマーケティングである。

1980年代に提唱され、1990年代に学術的研究において大きく発展した。

1983年にL.L.Berryが最初に提唱したとされる。

日本では、「関係性マーケティング」と訳し、使用する一部の学派があるが、一般的には「リレーションシップ・マーケティング」が多く使用されている。

北欧および英国のビジネス・マーケティングの研究者のグループであるIMP(Industrial Marketing and Purchasing Group)や北欧学派(Nordic School)では、リレーションシップネットワークについての研究が続けられている。代表的な学者にエバート・グメソン(Evert Gummesson)やクリスチャン・グレンルースなどがいる。

発展背景[編集]

  • 新規顧客の創造と同時に、既存顧客を維持することの重要性が高まったこと。
  • 経済低成長時代においては新規顧客の獲得が困難であるため、既存顧客をリピーターとして維持することが、マーケティング活動として効率的であったこと。

領域[編集]


研究文献[編集]

  • 和田充夫(1998)『関係性マーケティングの構図:マーケティング・アズ・コミュニケーション』有斐閣
  • 和田充夫(1999)『関係性マーケティングと演劇消費 : 熱烈ファンの創造と維持の構図』ダイヤモンド社
  • 南知恵子(2005)『リレーションシップ・マーケティング』千倉書房
  • E.グメソン/若林靖永・太田真治・崔容熏・藤岡章子[訳](2007)『リレーションシップ・マーケティング:ビジネスの発想を変える30の関係性』中央経済社。(原著:"Total relationship marketing"2版の翻訳書)


関連項目[編集]