リュブリャナ駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リュブリャナ駅
駅外観
駅外観
Železniška postaja Ljubljana
所在地 スロベニアの旗 スロベニア リュブリャナ
管理者 スロベニア鉄道
所属路線 ドボヴァ - リュブリャナ線
駅構造 地上駅
開業年月日 1849年9月16日
テンプレートを表示

リュブリャナ駅(スロベニア語: Železniška postaja Ljubljana)はスロベニア首都リュブリャナにある鉄道駅である。ウィーン - マリボル - トリエステ間(元のオーストリア南部鉄道)の幹線鉄道と、フィラッハ - ザグレブを結ぶ鉄道との結節点である。駅はオーストリア南部鉄道が1849年にフィラッハからリュブリャナまで到達した時に建てられている。1980年に駅舎は建築家マルコ・ムシッチ(Marko Mušič)の手により修繕された。

2008年から駅の隣接地でオフィス、ホテル、ショッピングモール、住宅等の複合ビルが建設された。現在の駅舎は維持され、2011年頃には複合ビルとの一体的な再開発が完成する予定である[1]

列車[編集]

国内列車が数多く発着するほか、ザグレブベオグラードウィーンザルツブルクミュンヘンチューリッヒなどへ向かう国際列車も発着する[2]。2017年現在、イタリア方面への直通列車は存在しないため列車を利用する場合は乗り換えが必要である。

脚注[編集]