リュシアン・ローラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リュシアン・ローラン Football pictogram.svg
Lucien Laurent.jpg
名前
ラテン文字 Lucien LAURENT
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
生年月日 1907年12月10日
出身地 サン=モール=デ=フォッセ
没年月日 (2005-04-11) 2005年4月11日(97歳没)
身長 165cm
体重 62kg
選手情報
ポジション MF
代表歴
1930-1935 フランスの旗 フランス 10 (2)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

リュシアン・ローラン(Lucien Laurent, 1907年12月10日 - 2005年4月11日)は、フランスヴァル=ド=マルヌ県サン=モール=デ=フォッセ出身のサッカー選手FIFAワールドカップで最初のゴールを挙げた。

経歴[編集]

1921年から1930年までセミプロチームのCAパリでプレイ、1930年からは彼が働くプジョーのワークスチームであったFCソショーへと移籍。 兄のジャン(本大会試合出場なし)と共に1930年第1回W杯ウルグアイ大会フランス代表メンバーに選出されるが、アマチュア選手であったため、フランスサッカー連盟からは基本的な手当を受け取ったのみである。

1930年7月13日、開幕戦となったフランス対メキシコ戦の前半19分にローランは歴史的なワールドカップ初ゴールを挙げた。フランスはこの試合に4-1で勝利したが、アルゼンチンおよびチリとの試合を落としてグループリーグで敗退。ローラン自身は2戦目のアルゼンチンとの試合中に受けた負傷のため、3戦目は欠場した。

1934年W杯イタリア大会のフランス代表にもメンバー入りしたが、負傷のため出場機会はなかった。フランス代表通算10試合出場2得点。

第二次世界大戦勃発後は軍隊に招集されたが、ドイツ軍に捕らわれて3年間の捕虜生活を送ることになる。1943年に解放されてからはブザンソンで1946年までプレイして引退。後にトレーナーおよびユース監督を務めた。

1930年W杯フランス代表メンバー唯一の生き残りとして1998年W杯フランス大会でのフランス代表の優勝を見届け、7年後の2005年に97歳で死去。

所属クラブ[編集]

外部リンク[編集]

  • CBC.ca - ローランに関する記事(英語)