リバーエンド・カフェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リバーエンド・カフェ
ジャンル 震災系、人間ドラマ
漫画
作者 たなか亜希夫
出版社 双葉社
掲載サイト 漫画アクション
レーベル アクションコミックス
発表号 2017年第15号 -
発表期間 2017年7月18日 -
巻数 既刊7巻(2021年1月28日現在)
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

リバーエンド・カフェ』は、たなか亜希夫による日本漫画作品[1]。『漫画アクション』(双葉社)にて、2017年15号(同年7月18日発売)から連載中。作者のたなか亜希夫の故郷・石巻を舞台としている[2]

2018年9月28日より双葉社から書籍化されている[3]

作品中では、日和山から眺めた中瀬周辺の景色や、彫刻家の高橋英吉などの石巻固有の文化を紹介されている[4]

あらすじ[編集]

舞台は東日本大震災から数年が経過した宮城県石巻市石巻川開き祭りが開催された日の夜に、高校生2年生の入江サキは不届きものに絡まれていたところを男に助けられる。そして、少女は人生の中での楽しさや悲哀などが入り混じったコーヒーが提供される、強面のオーナーが経営している北上川中瀬に一軒だけ立つ不思議なカフェへとたどり着く。そこは少し胡散臭い占い師や地方巡業を行う演歌歌手などの個性的なメンツが集まる場所で心温まる場所ではあったが、サキ自身は震災で両親を失い、その後出来た保護者は蒸発した状態で、さらに「」という文字を見た際に、「絆という文字をみると心も体も竦んでしまう」という旨の発言をしてしまったことから、過酷ないじめに遭ってしまう。また、震災時のサイレンを聞くたびに悲鳴を上げて倒れてしまうレベルでの心の傷を負っていた。そして、「卒業まであと1年半」だと自分に言い聞かせて我慢する日々を送っていた。その彼女の運命はマスターのLPレコードを聞き、ご当地の演歌歌手に背を押され、マスターのギター伴奏に合わせて『セントルイス・ブルース』を歌った時から変わり始める。店の手伝いなどをするうちに少しずつ変わっていくサキと心温まるカフェの面子達、そして相変わらずいじめを続けているその周辺をシニカルに描いた[5][6][7][8][9][10]

登場人物[編集]

書誌情報[編集]

  • たなか亜希夫『リバーエンド・カフェ』双葉社アクションコミックス〉、既刊7巻(2021年1月28日現在)
    1. 2018年9月28日発売、ISBN 978-4-575-85211-0[11][12]
    2. 2018年9月28日発売、ISBN 978-4-575-85212-7[13][14]
    3. 2019年3月9日発売、ISBN 978-4-575-85291-2[15][16]
    4. 2019年11月28日発売、ISBN 978-4-575-85382-7[17][18]
    5. 2020年3月9日発売、ISBN 978-4-575-85420-6[19][20]
    6. 2020年8月27日発売、ISBN 978-4-575-85487-9[21][22]
    7. 2021年1月28日発売、ISBN 978-4-575-85545-6[23][24]

脚注[編集]

  1. ^ 亜希夫, たなか (2018). リバーエンド・カフェ. 東京: 双葉社. https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I029221516-00 
  2. ^ Inc, Natasha. “たなか亜希夫が故郷石巻を描く「リバーエンド・カフェ」アクションで開幕” (日本語). コミックナタリー. 2021年2月22日閲覧。
  3. ^ リバーエンド・カフェ(1) (アクションコミックス)” (日本語). ダ・ヴィンチニュース. 2021年2月22日閲覧。
  4. ^ 舞台は石巻「リバーエンド・カフェ」発刊 地元出身漫画家 たなか亜希夫さん 震災経験した少女の成長漫画 - 石巻日日新聞” (日本語). 石巻日日新聞 Hibi-net. 2021年2月22日閲覧。
  5. ^ たなか亜希夫が故郷石巻を描く「リバーエンド・カフェ」アクションで開幕” (日本語). マイナビニュース (2017年7月18日). 2021年2月22日閲覧。
  6. ^ 石巻を舞台にした人間模様描く 〝絆〟に嫌悪の高校生が主人公” (日本語). 株式会社共同通信社 | 株式会社共同通信社の情報ポータルサイト. 2021年2月22日閲覧。
  7. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2018年11月11日). “【気になる!】コミック 『リバーエンド・カフェ(1)(2)』” (日本語). 産経ニュース. 2021年2月22日閲覧。
  8. ^ たなか亜希夫「リバーエンド・カフェ」 被災地のマスターと個性的な客たち|好書好日” (日本語). 好書好日. 2021年2月22日閲覧。
  9. ^ たなか亜希夫が故郷石巻を描く「リバーエンド・カフェ」アクションで開幕” (日本語). ニコニコニュース. 2021年2月22日閲覧。
  10. ^ 松原靖郎 (2021年2月23日). “絆の10年 東日本大震災 4 - 協調の押しつけ 苦しい”. 読売新聞 
  11. ^ 株式会社双葉社|本の詳細 | リバーエンド・カフェ 1|ISBN:978-4-575-85211-0”. www.futabasha.co.jp. 2021年2月22日閲覧。
  12. ^ 著, たなか亜希夫 (2018-09). リバーエンド・カフェ. 東京: 双葉社. https://iss.ndl.go.jp/books/R100000098-I000340954-00 
  13. ^ 株式会社双葉社|本の詳細 | リバーエンド・カフェ 2|ISBN:978-4-575-85212-7”. www.futabasha.co.jp. 2021年2月22日閲覧。
  14. ^ 著, たなか亜希夫 (2018-09). リバーエンド・カフェ. 東京: 双葉社. https://iss.ndl.go.jp/books/R100000098-I000340844-00 
  15. ^ 株式会社双葉社|本の詳細 | リバーエンド・カフェ 3|ISBN:978-4-575-85291-2”. www.futabasha.co.jp. 2021年2月22日閲覧。
  16. ^ 著, たなか亜希夫 (2019-03). リバーエンド・カフェ. 東京: 双葉社. https://iss.ndl.go.jp/books/R100000098-I000336591-00 
  17. ^ 株式会社双葉社|本の詳細 | リバーエンド・カフェ 4|ISBN:978-4-575-85382-7”. www.futabasha.co.jp. 2021年2月22日閲覧。
  18. ^ 著, たなか亜希夫 (2019-11). リバーエンド・カフェ. 東京: 双葉社. https://iss.ndl.go.jp/books/R100000098-I000351060-00 
  19. ^ 株式会社双葉社|本の詳細 | リバーエンド・カフェ 5|ISBN:978-4-575-85420-6”. www.futabasha.co.jp. 2021年2月22日閲覧。
  20. ^ 著, たなか亜希夫 (2020-03). リバーエンド・カフェ. 東京: 双葉社. https://iss.ndl.go.jp/books/R100000098-I000355150-00 
  21. ^ 株式会社双葉社|本の詳細 | リバーエンド・カフェ 6|ISBN:978-4-575-85487-9”. www.futabasha.co.jp. 2021年2月22日閲覧。
  22. ^ 著, たなか亜希夫 (2020-08). リバーエンド・カフェ. 東京: 双葉社. https://iss.ndl.go.jp/books/R100000098-I000359380-00 
  23. ^ 株式会社双葉社|本の詳細 | リバーエンド・カフェ 7|ISBN:978-4-575-85545-6”. www.futabasha.co.jp. 2021年2月22日閲覧。
  24. ^ 亜希夫, たなか (2021). リバーエンド・カフェ. 東京: 双葉社. https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I031231103-00 

外部リンク[編集]