リック・ローゼンタール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リック・ローゼンタール
Rick Rosenthal
本名 Richard L. Rosenthal, Jr.
生年月日 1949年6月15日(66歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク
職業 映画監督プロデューサー俳優脚本家
活動期間 1975年 -
配偶者 ナンシー・スティーヴンス英語版

リチャード・L・ "リック" ローゼンタール・ジュニアRichard L. "Rick" Rosenthal, Jr.1949年6月15日 - )は、アメリカ合衆国映画監督テレビディレクター。『LAW & ORDER:性犯罪特捜班』、『バフィー 〜恋する十字架〜』、『ヤング・スーパーマン』など多くの人気テレビドラマのエピソードや、『ハロウィンII』、『ハロウィン レザレクション』などの映画を監督した。プロデューサー俳優脚本家を務める事もある[1]

来歴[編集]

ニューヨーク州ニューヨークで母ヒンダ(旧姓グールド)と起業家の父リチャード・L・ローゼンタール・シニアの息子として生まれる[2]。チョート・スクール(現チョート・ローズマリー・ホール)を卒業、1971年にハーバード・カレッジ卒業、アメリカン・フィルム・インスティチュート出身者である。

1981年に映画『ハロウィンII』で監督デビュー。約20年後の2002年に『ハロウィン レザレクション』で再びハロウィンシリーズのメガホンを取った。1983年の監督作品『バッド・ボーイズ』で、当時まだ有名では無かったショーン・ペンを主演に抜擢、ペンの名を世に知らしめる切っ掛けの一つとなった。1980年代の終り頃からテレビが主な活動の場となり、エミー賞受賞作品『コーキーとともに』をはじめ、『LAW & ORDER:性犯罪特捜班』、『プロビデンス』、『バフィー 〜恋する十字架〜』、『ヤング・スーパーマン』など多くのテレビドラマを監督した。

1993年にテレビ映画新・鳥英語版』を監督しているが、アラン・スミシー名義を用いて名前を伏せている。

2000年代半ば頃からインディペンデント映画の世界にも目を向け、『Nearing Grace』(2005) などで監督業も続けながら、プロデューサーとして新人監督にチャンスを与えている。2004年にはプロデューサーを務めた映画『さよなら、僕らの夏』がサンダンス映画祭カンヌ国際映画祭で賞賛され、インディペンデント・スピリット賞のジョン・カサヴェテス賞と特別優秀賞、及びヒューマニタス賞英語版を受賞し、監督・脚本のヤコブ・アーロン・エステス英語版を世に送り出した。

配偶者となる女優のナンシー・スティーヴンス英語版とは『ハロウィンII』の撮影中に出会った。2人はローゼンタールの監督作品『愛しのレベッカ英語版』 (1984年、女優として出演)、『ラスキーズ英語版』(1987年、女優として出演) 、『Nearing Grace』(2005年、エグゼプティブ・プロデューサー)、などで共同作業を行なっている。

テレビドラマ監督作品の一部[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Filmography for Rick Rosenthal”. IMDb.com. 2013年4月21日閲覧。
  2. ^ Rick Rosenthal Biography”. filmreference.com. 2013年4月21日閲覧。

外部リンク[編集]